テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

特命係が遭遇した、被害者の「生まれ変わり」を名乗る青年。“殺された記憶”を右京が検証!

12月15日(水)、『相棒 season20』の第9話「生まれ変わった男」が放送される。

20年前に起きた未解決事件…被害者の“生まれ変わり”を名乗る青年が出現。

彼の脳裏によみがえった“殺された瞬間”の光景は本当に前世の記憶なのか!?

特命係が驚愕の真実を突き止める!

◆第9話あらすじ

被害者遺族から押収品の返還要求があり、特命係の杉下右京(水谷豊)と冠城亘(反町隆史)が届けに行くことになった。

20年前、スーパーマーケットの駐車場で電気工事士・関田昌平(渡辺翔)が刺殺された事件のもので、いまだ容疑者の目星すらついていない状態だったが、犯人のものと思われる指紋やDNAが検出されないこともあり、遺留品の返却に応じる判断が下されたらしい。

訪れた特命係に、関田の妻・園子(中込佐知子)は心境を打ち明ける。

園子は長年、情報提供を呼びかけるチラシを配るなど犯人逮捕に希望を託してきたが、寄せられるのは懸賞金目当てのデマばかり。最近では、関田の生まれ変わりだと主張する大学生・吉岡翼(今井悠貴)まで現れる始末で、真相究明はあきらめて心静かに生きることを決めたという。

吉岡は関田が殺された日、彼が緊急搬送されたのと同じ病院で生まれたといい、殺されたときの記憶がよみがえったと話していたようだ。

生まれ変わりに興味を抱いた右京と亘は、吉岡のもとへ。彼は子どもの頃から、駐車場で何者かに刺される夢を繰り返し見てきたことを告白。

先日、たまたま陸上部の合宿の帰路に立ち寄ったスーパーが夢で見た場所だとわかり、気になって調べたところ、その駐車場で事件が起きていたことが判明。前世の記憶に違いないと考えたと明かす。

特命係が当時の捜査資料と翼の資料を照らし合わせると、確かに翼の記憶は犯人と被害者しか知りえないはずの事実と一致していた…。

もしや、本当に翼は被害者の生まれ変わりなのか!? 捜査を進めた特命係は予想だにしない真実に突き当たっていく――!

番組情報:『相棒season20』第9話「生まれ変わった男」
2021年12月15日(水)午後9:00 ~ 午後9:54 、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事