テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

玉木宏、“裏切り上司”椎名桔平と直接対決!『桜の塔』第一部は“誰も想像し得なかった結末”に

桜の代紋を掲げる警視庁の頂点・警視総監の座をめぐる激しい出世バトルを描くドラマ『桜の塔』

本日5月13日(木)放送の第5話では、上條漣(玉木宏)が千堂大善(椎名桔平)への復讐を誓い直接対決。激動の第一部がついに完結の時を迎える。

前週放送の第4話ラストで、23年前の警視庁押収品横流し事件の真相を告発しようとしていた警察官の父・勇仁(岡部たかし)を“自殺”に追い込んだのは、自らが所属する「外様派」派閥のトップである刑事部長・千堂だと知った漣。

自分をかわいがってくれた恩人・千堂がほかならぬ父の仇敵だったとは、漣は驚がくの事実に激しく動揺しながらも千堂を追及する。

しかし、相手は何と言っても「サッチョウの悪魔」と呼ばれ、怖れられるほど手強い上司の千堂。プロファイリングを駆使する漣をもってしても簡単に勝てる相手ではない。

そもそも、千堂が勇仁を“自殺”へ誘導したことを証明する唯一の証拠=防犯カメラのビデオテープは画像が粗く、たとえ科捜研でも居合わせたのが千堂本人だと特定するのは不可能。第5話では、冒頭から千堂が漣に対し不気味なまでの自信をにじませながら、「俺はお前ごときが倒せる相手じゃないんだよ」と言い放つ。

漣は怒りと悔しさに身を震わせながらも、千堂を失脚させるための材料を探すべく彼の過去を調査。やがて、5年前に起こった未解決の傷害事件に千堂を追い込める“闇”が潜んでいることを突き止める。

◆台本20Pに渡る「漣VS.千堂」の直接対決

第5話の見どころは何と言っても、台本にして合計20ページ、物語の1/3強を占める「漣VS.千堂」の二度にわたる直接対決だ。

不退転の覚悟で仇敵である千堂に牙をむく漣。しかし、漣の考えなどお見通しの千堂。勝機を見出したかと思った瞬間、更なる衝撃の事実を千堂に突きつけられ、まさに一進一退の激闘が次々と繰り広げられていく。

また、ある人物による“まさかの裏切り”も発生。まったく先の読めない対決のゆくえは?

長年の信頼関係が一気に崩壊したのをきっかけに、愛憎の想いを激しくにじませながら展開する第一部最大にして最恐の「漣VS.千堂のクライマックス・バトル」。

そして一部完結編では、“これまで隠されてきた”主人公・漣の想いや表情が次々と明かされ、幼馴染の爽(広末涼子)、そしてフィアンセの優愛(仲里依紗)との関係も大きな転換点を迎える。

◆第5話あらすじ

今から23年前に、警視庁で幅を利かせる「薩摩派」派閥の幹部が中心となり、組織ぐるみで行っていた押収品の横流し事件――。

その真相を告発しようとしていた警察官の父・勇仁(岡部たかし)を“自殺”に追い込んだのが、自らが所属する「外様派」派閥のトップである刑事部長・千堂大善(椎名桔平)だと知った警視庁キャリア組の警察官・上條漣(玉木宏)。

追及された千堂は、勇仁に告発させないよう卑怯な脅しをかけ、“自殺”へ誘導したことを認める。だが、唯一の証拠である防犯カメラのビデオテープは画像が粗く、たとえ科捜研でも居合わせたのが千堂本人だと特定するのは不可能…。千堂は不気味なまでの自信をにじませながら、「俺はお前ごときが倒せる相手じゃないんだよ」と言い放つ。

前途を絶たれ、怒りと悔しさに身を震わせる漣。だが、彼は諦めなかった。狡猾な千堂のことだから、ほかの事件でも不正や汚職に手を染めているはずだ。――そう考えた漣は、殺された父の復讐を心に誓う!

漣は告発材料をあぶり出すため、千堂らと次期警視総監の座を争っている「東大派」派閥の警務部長・吉永晴樹(光石研)に相談。千堂の失脚を望みつつも、漣と手を組むのは危険だと判断した吉永は協力を拒否するが、ふとひとり言のように「5年前の傷害事件でなぜ犯人が捕まらないのか不思議でならない」と漏らし…!?

これは何かのヒントだと察した漣は、幼馴染でもある捜査一課主任・水樹爽(広末涼子)とともに、傷害事件の資料を精査。千堂が事件捜査の指揮をとっていたことを知る。

そんななか、漣は婚約者である千堂の娘・優愛(仲里依紗)の何気ない話が引っかかり…。

※番組情報:『桜の塔』第5話
2021年5月13日(木)午後9:00~午後9:54、テレビ朝日系24局

※『桜の塔』最新回は、TVerにて無料配信中!

※過去回は、動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」で配信中!

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事