テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

大沢樹生、仕事減りドン底のとき…嫌っていた“元・光GENJI”に救われる。きっかけは中野での「ある出来事」

©テレビ朝日

1987年から「光GENJI」の中心メンバーとして活躍し、1994年に脱退した大沢樹生さん。脱退と同時にジャニーズ事務所も退所。しばらくは仕事がないことを覚悟していたというが、脱退から2カ月後、ある雑誌に“丸坊主になり「今は酒浸り」の元・光GENJI「大沢樹生」”という記事が掲載される。それは大沢さん自身も了承していた記事だったが、大きな反響を呼び、映画に主演することに。

©テレビ朝日

◆これまでは考えられない低予算の映画で「モノ創り」の喜びを知る

雑誌に記事が掲載されてから1カ月後、大沢さんは面識のない映画プロデューサーから連絡を受け、映画『日本製少年』に主演することに。

※映画『日本製少年』(1995年・及川中監督)
喧嘩(けんか)の末に父親を殺そうとして家を出た大和(大沢樹生)は、ある売春組織にいた少女に一目惚れし、自分も組織に入ってトルエンの売買を手伝うことになる。やがて二人は愛し合うようになるが、トルエンの売買でトラブルが生じ、悲劇が…。

「ジャニーズを辞めた後、事務所を立ち上げることは決まっていたんですけど、まだ準備段階だったので、どうやって連絡がきたのか不思議でした。台本もまだ製本されてない段階だったので」

-最初に台本を読んだときはどう思いました?-

「面白いと思いました。2カ月前までアイドルをやっていた僕がトルエン売りを演じるというのは意表をついているじゃないですか。

それに心に闇を抱えた青年が、現実の闇に消えていくというラストシーンにも心を惹(ひ)かれて、どんな風に演じるか色々なアイデアが浮かびました」

-「光GENJI」にいたときの大沢さんのイメージとは全く違う役でしたね-

「そうですね。すぐにやりたいと思って出演を決めましたけど、実際に撮影が始まると、予想以上に大変でした。予算も1000万円あるかないかという低予算映画だったんですよ。

監督やスタッフ、キャストも手弁当だったし、ロケバスの用意もできないので、撮影中は僕が自分の車に役者を乗せて一緒に移動したりしていました。

でも、それもすごく新鮮で楽しかったですね。『ワーッ、参加している!』という感じで、出演だけじゃなくて映画作りに参加しているという感じがしましたから」

-その経験が、のちに映画監督そしてプロデューサーもということにもつながることになったのでしょうね-

「そうだと思います。それまで見たことも聞いたこともないことばかりでしたからね。

あの映画はジャニーズにいたら絶対に受けることはなかったと思う。

だって、ジャニーズにいたとき、『ライブハウスでライブをやりたい、ソロで』って言ったことがあるんだけど、『売れてない歌手みたいだからダメ』って言われて、ディナーショーをやらされましたからね(笑)」

-『日本製少年』で映画を作ることの楽しみも味わって-

「楽しかったけど、不便でしたね。チンピラに襲われてピストルで撃ってしまうシーンを撮影したときは、返り血で血まみれになって終わったのが真夜中の2時くらいだったんですよ。

全身血まみれになっているのに、予算がないからシャワーが用意されてなくて、血だらけのまま車を運転して帰って来たりとか(笑)。

ジャニーズにいたときにはホテルが用意されていたし、ケアはちゃんとしていましたから、そんなことは絶対なかったですからね。高速道路を降りるとき、料金所の人がビックリして見ていましたよ(笑)」

-かなり大変な思いをされたと思いますが、早々に映画を作る楽しみと苦労を味わったというのはいい経験でしたね-

「そうですね。東京国際映画祭をはじめ、シンガポールやチリの映画祭でも上映されましたし、演技も評価されて日本映画プロフェッショナル大賞新人奨励賞をいただいてうれしかったです」

-そのときにいずれ自分で映画製作をしようと思うように?-

「もともとアイドル雑誌でも編集者がいるんですけど、結構自分でセルフプロデュースをしてページ作りをしたりしていましたし、そういう走りだったみたいです」

-小さいときからファッションにも興味があったそうですし、クリエイティブな感覚、センスはあったのでしょうね-

「どちらかと言うと、表に出るより裏方のほうが好きです。昔からチャップリンが大好きで、20歳前後のときはチャップリンとかバスターキートンの映画を見まくっていたんですよね。すげえなあと思って。

無声(映画)ながらメッセージ性の伝わり方がすごいなあって思って。だから、いずれチャンスさえあれば、監督は経験してみたいなとは思っていました」

©テレビ朝日

◆どん底状態を、あれほど嫌っていた“元・光GENJI”に救われる

映画『日本製少年』の演技が評価された大沢さんは、映画『ピエタ』、映画『悪の華』、オリジナルビデオ『悪名伝』など、多くの映画、テレビ、オリジナルビデオに出演。インデペンデント系の作品から大作映画まで幅広い分野に挑戦し続けるが、常に「光GENJI」のイメージがついて回ることに嫌気がさしていたという。

「映画も『光GENJI』にいたときにはやらなかったような役をやったり、音楽も新しいバンド「大沢樹生&F・E・N」を組んで、よりロックで過激な方向へといっていたのに、ファンにはいつまで経っても『光GENJIの大沢君』。いつになったらそういう目で見られなくなるんだろうという苛立ちはありました」

1995年にはミラノとチュニジアで撮影を行った写真集『TRIP』をリリース。全裸で岩を登る写真が注目を集め、より過激な方向へと進んでいく。そんななか、1996年には、1988年にドラマの共演で出会った元女優と結婚。

「結婚願望はあまりなかったんですけど、子どもができたと知らされたときはうれしかったですね。『大沢ジュニア誕生か』って。結婚するなら彼女しかないと思ってすぐにプロポーズしました」

2人の交際が発覚し、連日ワイドショーの取材攻勢が続いたため、海外で挙式を行い、翌年1月に男児が誕生する。一方、ちょうどその頃から、それまで順調だった仕事に陰りが見え始めるように…。

「『光GENJI』脱退から5年目、30歳になる1999年ぐらいには本格的に仕事がなくなっていきました。

いつまでも『光GENJI』の大沢と言われるのが嫌でピリピリしていたし、このままでは『光GENJI』に殺されるとまで思っていました。

仕事に関しても『2時間ドラマは嫌だ』とか、『バラエティーの仕事なんて入れるな』とか色々言っていましたからね。

そんなやつに誰も近づいて来ないですよね。だんだんみんな離れて行ったし、仕事もなくなって…。もともと考えこむたちではあったんですけど、その時期はもう一日中、部屋に閉じこもって考え込むようになっていました」

そんな日々が3年あまり経った頃、大沢さんは中野サンプラザで行われるライブに出演。3曲歌う最後の曲に、「光GENJI」を脱退後は敢えて歌わなかった『ガラスの十代』を選ぶ。

「シャレのつもりで入れたのに、イントロが流れた瞬間、会場の空気が変わったんですよ。全員が総立ちになって大熱狂、全身の血が逆流する感じで。

『光GENJI』の大沢と言われることに抵抗していたけど、自分が今あるのは、間違いなく『光GENJI』のおかげだということを改めて実感しました」

©テレビ朝日

◆人生最悪の状態から抜け出したはずが…

ライブで数年ぶりに『ガラスの十代』を歌ったことがきっかけで、人生最悪の状態から抜け出したものの、いつしか夫婦間には溝ができ、2005年9月、離婚することになったという。

「マスコミには『性格の不一致で離婚』なんて書かれましたけど、30代の前半の数年間、自分のことでいっぱいいっぱいでしたからね。自分がきょうを生きていくことで精一杯で、誰かを助けられる余裕なんてなかった。俺が悪い」

離婚時、9歳だった長男は大沢さんと暮らすことを選び、二人で暮らし始める。授業参観や運動会、キャンプなど、学校行事にも率先して参加していたという。父子仲睦まじく過ごす様子は、度々テレビや週刊誌でも取り上げられ、2008年に出版された著書『昨夜未明、大沢樹生が死にました…』にも記載されている。ところが、2015年、長男のDNA鑑定をめぐって騒動が。

-DNA鑑定をめぐっての騒動は衝撃的でした-

「でも、鑑定結果が出た後も、彼に対する気持ちは昔と全く変わらないんですよ。ずっと一緒に暮らしていましたから愛情もありますし」

-かなり色々言われたと思いますが-

「ちょうど初めて監督した映画の公開とタイミングが重なっちゃったんで、本当は映画の宣伝じゃないかとか、相当言われましたね。でも、真実は一つですよ。

彼に対する思いは変わってないですけど、実際自分がどう手を差し伸べてあげたら良いか、わからないんですよ。DNA鑑定の裁判の後、親権が元奥さん側に行ったじゃないですか。

自分にできることがあったら何でもしてあげたいとは思っていますけど、下手に手を差し伸べてトラブルになっても困るし、今はマスコミの方や一般の方と同じレベルのことしかわからないんです」

-今のスタンスとしては、彼から会いたいという連絡が来たらという感じですか-

「そうですね。ずっと一緒に暮らしていたわけですし、その思いというのは変わらないですから」

次回後編では、「光GENJI」脱退以来、20年ぶりに諸星和己さんと共演を果たした初監督映画『鷲と鷹』の撮影裏話、学長に就任し、7月から開校する「リズミネーションアカデミー」などを紹介。(津島令子)

※「リズミネーションアカデミー」
本物志向のジュニアタレントから成人タレントまでの育成アカデミー。ダンスレッスンを中心に、芸能界で生き残るためのノウハウの授業もカリキュラムとして取り入れていく。
お問い合わせ:info@alive1001.co.jp
大沢樹生オフィシャルサイト:https://mikio.co.jp/


※「HAPPY 大沢樹生 BIRTHDAY LIVE」
4月21日(火)Blue Note NAGOYA
1st stage SOLDOUT
2nd stage open20:00 start20:45

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事