テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

『科捜研の女』放送通算200回に!記念SPではなんと「働き過ぎ」がテーマに

京都府警科学捜査研究所(通称・科捜研)の法医研究員・榊マリコ(沢口靖子)を中心に、ひと癖もふた癖もある研究員たちが、法医・物理・化学・文書鑑定などの専門技術を武器に事件の真相解明に挑む姿を描いたドラマ『科捜研の女』

1999年10月の「season1」から数えて足掛け19年目となる現在放送中の「season17」も、“最新の科学捜査テクニック”と“豊饒な人間ドラマ”が絡みあうハイクオリティーなミステリーという個性的な魅力を継続、視聴者から高い支持を受けている。

©テレビ朝日

そんな『科捜研の女』が、3月15日(木)放送の「season17 第17話」で放送通算200回という金字塔を打ち立てることになった

今回、その記念すべき放送を前に、主人公の榊マリコを演じる沢口靖子と、その“良き相棒”でもある京都府警捜査一課の土門薫警部補役の内藤剛志が、同作の長い歴史を振り返りつつ喜びを語った。

 

◆内藤剛志「200種類のドラマをやってきたという感じ」

昨年10月に「season17」がスタートしたときから通算200回を迎えることは知っていたという沢口。とはいえ、第17話の台本を手にしたときに放送200回を改めて実感、感激したそうだ。

沢口は、「台本の表紙にあった『放送通算200話』という文字を見て思わず込み上げてくるものがありました。『科捜研の女』に出会ったのは私が30代半ばのころ。こんなにも息の長い作品になったこと、視聴者の皆さまに愛される作品になったことに本当に感謝しています」と話す。

そんな沢口に対して内藤は、「僕は200種類のドラマをやってきたという感じがします。というのも、マリコが科学を駆使して、それぞれ違う解き方で事件を解決しているから。いわゆるシンプルな刑事ものではないんです。200の事件を200の科学で解き明かすというのは、他の追従を許さないところでもあると思います。だから単なる回数ではなく、種類だと思うんですね」と語った。

 

◆放送200回記念スペシャルでは“働き過ぎ”もテーマに

放送200回記念スペシャル(season17・第17話)では、放火と思われる火災の真相をマリコが科学捜査で解き明かしていくのだが、真実に近づくにつれ状況が二転三転。サスペンスフルなストーリーに仕上がっている。

もちろん、登場人物の人間性を深く掘り下げていく人間ドラマも健在だが、それらに加え科捜研や捜査一課の“働き過ぎ”を問いかける興味深い内容にもなっているという

これまでマリコを始めとする科捜研のメンバー、事件解決を第一に行動する土門ら捜査一課の刑事たちは昼夜関係なく行動。真実を解き明かそうと寝食を忘れて仕事に打ち込むマリコの姿は、ときに上司らの目に余ることもあったそれが今回は“働き過ぎ”となってクローズアップされる

 

◆みどころは「科捜研の存在自体を問われる重厚な内容」

そんな放送200回記念スペシャルのみどころはどこにあるのか。

沢口は、「これまでの科捜研の存在自体を問われる重厚な内容になっていますし、シリーズを続けてきたからこその醍醐味も感じました。とてもスリリングな展開になっています」と語る。

さらに、今回のテーマのひとつでもある“働き過ぎ”については、「マリコも土門刑事も同じだと思うのですが、こうしたいという思いがあると、時間は関係なくなってしまうと思うのです。だから本人たちに“被害者意識”はないのではないでしょうか。ただ、それによって振り回されたり、被害を被ってしまう人もいるとは思います。今回、マリコは罪悪感を抱いて申し訳ないという気持ちになりますシリーズのなかで初めてハッとするシーンでしたね」とコメント。

一方の内藤は、「もちろん謎解きは楽しんでいただきたいのですが」と前置きしつつ、「もう一つのテーマは、あえて言えばヒーローは働きすぎていいのか、ということだと思うんです。働き過ぎることによってまわりに迷惑をかけることもある。正義の味方は本当に働き過ぎていいのか、と。今回の作品で優れているところは、その問いかけの結論を出していないところ。視聴者の皆さまも一緒に考えていただきたい、という展開になっていると思います。視聴者参加型のようになっているので、ぜひドラマを見ていただいて一緒に考えていただければと。もちろんミステリーはミステリーとして楽しんで頂けると思いますので、そちらもご期待ください」と呼びかける。

©テレビ朝日

そして、ゲストにも大きな節目にふさわしい豪華キャスト陣が集結! 2013年のクリスマススペシャル以来の出演となる芝監察官役の戸田菜穂を始め、足立梨花、升毅、宮地雅子、深水元基など、人気&実力派俳優がそろい踏みする。

放送200回記念スペシャルに相応しい、重厚なドラマに期待だ。

また、放送200回を記念して、2月15日(木)から番組公式HPでは「ファンの皆様が選ぶ もう一度見たい!『科捜研の女』名作エピソード・人気投票」を実施。

番組スタッフが厳選した30エピソードからベスト10を人気投票で決定する。いったいどのエピソードが選ばれるのか?

なお、投票上位のエピソードは、3月上旬からテレビ朝日にて放送予定だ。(※関東ローカル)

 

※番組情報:『科捜研の女』放送200回記念スペシャル(第17話)
2018年3月15日(木)よる8:00~8:54、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket +1
関連記事
おすすめ記事