テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

髪の“分け目”を決める時は、必ず濡れた状態で!<美しいストレートの極意>

8月9日(金)に放送されたテレビ朝日のビューティバラエティ番組『BeauTV ~VOCE』では、この暑~い夏を超えた秋にオススメしたい、美しい“モードストレート”ヘアーのデザイン術が紹介されました。

教えてくれたのは、毛髪診断士の資格を持ち、女優や美容のプロにも信頼されるヘアサロンをプロデュースするビューティプロデューサー、美香さん。

多くの女性の頭皮と髪質の向上に力を注ぐ美香さんが、今回は“究極のプロ技”を大公開しました!

髪の毛は“濡れた”状態でスタート。まずは、コーミング(くしで髪をとかすこと)をします。

「もつれないように、髪の毛はきれいに整列している状態をつくりましょう!」と美香さん。無理にはとかさないよう注意し、きれいに整列させるだけでOKです。

そのまま、濡れた状態で分け目も決めましょう。「髪の毛は乾くとそこで決まってしまう。分け目が動かない」ので、後から変えたいと思っても変えられないとのことです。

次に、ドライヤーを使って“モードストレート”をデザインします。

まずは、温風でトップを立ち上げ。

そのあと冷風に切り替え、髪を固定しましょう。

続いて、上から毛先に向かって髪を乾かしていきます。モードストレートの場合、髪が顔に少しかかるように乾かしていくのがオススメです。

反対側も同様に、トップから毛先に向けてドライヤーを当てていきます。このとき、髪の毛を伸ばしながら乾かすことで、次に行うストレートアイロンのスタイリングが決まりやすくなるとのこと。

◆ストレートアイロンは“手首の返し”が大事

続いては、ストレートアイロン。みなさんはストレートアイロンを使うとき、どこを見ていますか? なんとなく、サッサッとやってしまっている人もいるのでは?

ここで美香さんがストレートアイロンの使い方を伝授!

まずは、挟んでまっすぐに下ろしていきます。

ポイントは、最後の毛先!“手首の返し”がすごく大事なのだとか。番組MCの河北麻友子さんも、「毛先ってわりと忘れがちかも」と注目します。

髪の表面を見がちなところですが、毛先に注目。毛先のところで手首の返しをすると、まっすぐできれいなモードストレートになるんです!

素早く何回もかけがちなストレートアイロンですが、ひとつの面をゆっくり丁寧にかけることで、髪が美しく仕上がるといいます。

これで、ストレートアイロンでデザインするモードストレートの完成!

「最初のゴワッとした髪と同じとは思えない、サラッサラのツルンツルンのストレートです。トリートメントしたみたい!」とモデルさん本人も驚きの仕上がり。

ドライヤーの工夫とストレートアイロンの使い方の見直しだけで、美しいモードストレートに! ちょっとしたポイントで、前髪のかかり具合もクールでカッコ良く仕上がりました。

そして番組では、このモードストレートに映えるメイクも紹介。さらに、ワンカラーの王道“赤色”を楽しむセルフネイルのレッスンなども行われました。

※ドライヤーとストレートアイロンで作る美しいモードストレート、そして“赤色”セルフネイルのレッスンは、こちらから無料の動画で観ることができます(期間限定配信)

※番組情報『BeauTV ~VOCE』(テレビ朝日)
毎週金曜深夜1時50分~(※毎月最終週は休止)、最新話のキャッチアップ動画も無料配信中

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事