テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

「悪魔に殺される」とSNSに書き込んだ高校生の遺体。田辺誠一らが、交錯する3つの事件を追う<刑事7人>

東山紀之演じる天樹悠を中心とした個性派揃いの刑事たちが超凶悪犯罪や未解決事件に挑む人気シリーズ『刑事7人』

同作シーズン5の第4話が、8月7日(水)に放送される。

©テレビ朝日

「俺、悪魔に殺されるかもしれない」。そうSNSに書き込んだ高校生の遺体が見つかった。さらに彼の親友も、「悪魔にとりつかれている」とノートに書き記して一家心中の犠牲になっていた。

そして、悪魔の指示で殺人を実行したと自供する死刑囚。交錯する3つの事件を追う天樹(東山紀之)ら専従捜査班が、悪魔の正体に迫る!

◆第4話あらすじ

東京郊外の林道で、胸を刃物で刺された高校生・池添俊也(竹田光稀)の遺体が見つかった。遺体のそばにあったスマートフォンを確認した専従捜査班の青山新(塚本高史)は、被害者の俊也が「悪魔に殺されるかもしれない」と書き込んだSNSを発見する

法医学教授・堂本俊太郎(北大路欣也)は、今回の被害者の俊也と、去年担当した事件の被害者で、両親の無理心中に巻き込まれた息子・田所信一(加藤峻也)は同じ高校の生徒だという。

©テレビ朝日

“同じ高校”という共通点に引っかかった天樹悠(東山紀之)が、無理心中事件の資料を調べたところ、信一がノートに「悪魔にとりつかれている」と書き記していたことがわかる

また、天樹と野々村拓海(白洲迅)は、高校で二人の担任をしていた増沢育子(かとうかず子)と俊也の両親から、二人が親友だったことや、信一が亡くなって以降、俊也がふさぎ込んでいたという話を聞く。

さらに、弁護士の木下和成(長谷川朝晴)のアドバイスに背中を押された両親から、心中事件が起きた夜に、信一を訪ねた俊也が田所家の方から走ってくる男を目撃していたことを告白された拓海は、俊也はその男を目撃したことが原因で殺害されたのではないかと推測する。

しかし、俊也の部屋を調べていた天城は、両親の顔が黒く塗り潰された写真を発見し、事件にはもっと別の深い裏があるのではないかと考え始める。

そんななか、海老沢芳樹(田辺誠一)のもとに、東京拘置所から一通の手紙が届く。差出人は、富岡忠司(芹沢興人)――3年前に老夫婦を殺害し、海老沢が逮捕した死刑囚だ。

©テレビ朝日

海老沢が接見に行くと、富岡は過去にまだ自供していない殺人事件起こし、それは“悪魔”の指示で実行したものだと言い始める。空き地を掘り起こすと…そこには富岡の供述どおりに白骨死体が! しかも死因は、信一らの無理心中で使われたものとまったく同じ成分の青酸カリによる中毒死であることが判明する。

ここにきて“悪魔”というキーワードで3つの事件が繋がった――!

さらに心中事件の前日、信一の父親・洋一(古川康)が同僚に「“先生”に会わなければならない」と意味深な発言をしていたこともわかる。“先生”と“悪魔”は同一人物なのか…?天樹ら専従捜査班が、“悪魔”の正体に迫る!

※番組情報:『刑事7人』第4話
2019年8月7日(水)午後9:00~午後9:54、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事