テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

8月8日から開催の『STAR WARS Identities』 アンバサダー・市川紗椰が魅力を語る!

コンサート、映画、舞台など、あらゆるエンターテインメントをジャンル問わず紹介する番組『japanぐる〜ヴ』(BS朝日、毎週土曜深夜1時〜2時)。

7月6日の放送では、前週に引き続いて8月8日から東京・寺田倉庫G1-5Fで開催される『STAR WARS™ Identities: The Exhibition』(『STAR WARS Identities』)の世界を特集。

©BS朝日

『STAR WARS Identities』のアンバサダーを務める市川紗椰と、映画評論家・松崎健夫によるスペシャル対談を放送し、『スター・ウォーズ』愛にあふれる熱のこもったトークを展開しながら同イベントの見どころを紹介した。

◆“ジャバ・ザ・ハット”のイラストにテンションUP!

『STAR WARS Identities』のアンバサダーを務める市川紗椰は、幼少期から中学に入るまでアメリカで生活。女優・モデル・タレントなど幅広く活動し、オタク気質の鉄道マニアとしても知られている。

物心ついた時には既に『スター・ウォーズ』の世界に慣れ親しんでおり、ボバ・フェットがお気に入りのキャラクターとのこと。「子供ながらにボバ・フェットの“賞金稼ぎ”という肩書きに格好良さを感じた」と、小さい頃から独特の感性を持っていたことがわかるエピソードを披露した。

©BS朝日

前週の放送では、映画評論家・松崎がシドニーで開催された『STAR WARS Identities』に行き、この展示の最大の特徴である「インタラクティブ・クエスト」を体験する様子が放送された。

市川も同コンテンツをひと足早く体験したとのこと。「ルークとアナキンは生まれ育った環境は似ているけど、あんなに違った結末になるのは、生まれ持ったものや出会いや選択がどれほどその人の人生に影響するか。『スターウォーズ』には、そういう大きなテーマもあったんだと気づくきっかけにもなった」と感想を話す。

200点以上に及ぶ展示品についても、市川は独自の視点で注目の展示を紹介いちばんテンションが上がったのは、ジャバ・ザ・ハットの部屋のイラストだったそうだ。「ジャバが座っている後ろには、バーベキューのような肉を焼くセットがあって、それだけが描かれたイラストが展示されていて、個人的にはすごくうれしかった」とのこと。

まさかジャバの後ろにそんなものがあったとは…。そこに注目する市川の観察力には驚くばかりだ。

◆レイは…ルークの手から作られたクローン?

1977年に米国で公開された映画『スター・ウォーズ』の第1作は、黒澤明監督の作品『隠し砦の三悪人』の物語やキャラクターを参考にしたとジョージ・ルーカス監督は公言している。

松崎は、『スター・ウォーズ』の生みの親であるジョージ・ルーカスが黒澤明を師と仰ぎ、時代劇からの影響を実感させる展示物が多いことにも触れる。「黒澤監督の映画『赤ひげ』では、薬箱の中まで映らないのに薬箱の中にはちゃんと薬が入っていた。そうした黒澤映画の精神が、『スター・ウォーズ』シリーズには受け継がれている」と解説した。

「ジェダイという言葉も、時代劇の“時代”をもじって付けられたなど、知識としてはたくさん聞いてきた。実際に展示物を観ると、ラフ画の段階から着物のようなデザインがあったり、ダースベーダーは甲冑のようなデザインだったなど、構想の段階から、すごく時代劇から影響を受けていたことを実感します」(松崎)

さらに、12月20日に日米同時公開となる新作『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』についても話が及ぶ。松崎は、「“エピソード8”に出てきた大人たちに虐げられている子供たちが、最終的には次の世代へと繋がっていくというような、希望を持たせるラストなったらいいなと思っています」と、独自目線で同作のラストに期待を寄せる。

©BS朝日

市川は既にさまざまな妄想を繰り広げているそうで、「レイの親は誰なのか、考察がさかんにされてきていますが、レイは、ルークの手から作られたクローンなんじゃないかと予想しています」と、斜め上からの視点で予想した。

『STAR WARS Identities』は、8月8日より2020年1月13日まで寺田倉庫 G1-5Fにて開催。シリーズ最新作『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』は、12月に日米同時公開。

今から待ちきれないといった様子の2人の熱気は画面からも伝わり、『スター・ウォーズ』をよく知らない人でも「ちょっと行ってみようかな」と思わせてくれるほど。

また、『STAR WARS Identities』の展示物は、ロサンゼルスに建設中の『ジョージ・ルーカス博物館』に所蔵されることになるらしく、日本で観られるのはこれが最後になるかもしれないとのことだ。

<文/ライター・榑林史章>

※番組情報:『japanぐる~ヴ
毎週土曜深夜1時~2時、BS朝日

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事