テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

井ノ原快彦「モンスターだわ…」と愕然!世界最難関レースを制したランナーの半生

あまりにも珍しい“激レア”な体験を実際にした人「激レアさん」をスタジオに集め、その体験談を紐解いていく番組『激レアさんを連れてきた。』

6月15日(土)に放送される同番組では、井ノ原快彦とみちょぱこと池田美優をゲストに迎え、「レース距離が250km以上という『24時間マラソン』で優勝しまくり、世界最難関のレースを制する大偉業を達成した人」が登場する。

©テレビ朝日

完走率60%、レース後には体重10kg減、さらに睡魔に勝てず道路脇の木に衝突する選手まで出る、とんでもない超・長距離走”24時間マラソン”で世界に名をはせるイシカワさん。

実はイシカワさん、走り始めて100kmを超えないと実力が出せないという、あまりに特殊な体質の持ち主。本人でさえずっとそのポテンシャルに気づかず、この競技と出会うまでずいぶん遠回りの人生を送ってきた。

少年時代から野球、3000m障害などを経て、ようやくフルマラソンにたどり着きオリンピックを目指したものの、結果はいまいち。

それでも走らずにはいられないイシカワさんは、大会の予定もないのに毎日“歯磨き感覚”で60kmというフルマラソン超えの距離を走り続けた。

しかし、イシカワさんをある悲劇が襲い、半年間走ることをやめてしまう。

挫折を味わい他のスポーツを趣味にしようと考えたが、どれもこれもまるで才能がなく「結局、俺には走ることしかない!」と悟ったイシカワさん。そんな彼に、ついに運命の機会が。さらに運命の人とも出会い…!?

そんなイシカワさんのレースに番組が密着。井ノ原とオードリー若林正恭も「モンスターだわ…」「ちょっと怖い…」と愕然とした、レース後のイシカワさんの様子とは?

弘中綾香アナウンサーが「化け物みたいな記録を連発」と解説する“激レア”スーパーアスリートのイシカワさん。ほとんどの日本人が知らない、そんな彼の半生とは?

※番組情報:『激レアさんを連れてきた。
2019年6月15日(土)午後10:10~午後11:10、テレビ朝日系24局(※一部地域を除く)

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事