テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

羽鳥慎一、玉川徹の意外な習慣に驚き!過去に使っていた携帯電話は「全部とってある」

平成31年4月30日(火)、この日で「平成」という時代の幕が閉じる。

同日の夜に放送される『羽鳥慎一モーニングショー 夜の特大版』では「今夜決定!平成ニッポンのヒーロー総選挙」と題して、平成に活躍した“時代の顔”と呼べる人物を「ニュース・文化」「スポーツ」「芸能」の3ジャンルで50人ずつ“候補者”をリストアップ。視聴者の“投票”でランキングを決定する。

特番の放送に先立ち、同番組の司会を務める羽鳥慎一とレギュラーコメンテーターの玉川徹が、時代を象徴するトピックスとともに平成を振りかえる対談を実施。その様子を収録した4つの動画が公開された。

©テレビ朝日

羽鳥と玉川が「この30年で大きく変化しましたね」という「携帯電話」をテーマに平成を振り返る動画では、玉川の意外な習慣が明らかになった。

日本テレビに入社して3〜4年目のころに初の“マイ携帯電話”を購入したという羽鳥と、過去の携帯電話の特徴などを語り合っていると玉川が「(これまで使用してきた)携帯電話を全部とってある」という意外な事実を明かし、羽鳥を驚かせる。

©テレビ朝日

羽鳥は「怖い…なんでですか?」とその理由を尋ねると、玉川は「(古い携帯電話を)捨てられないの。だってメールとかいろいろ入ってるし…」と説明。羽鳥は「(玉川さんの)関係者の方々が、(それを聞いて)いま怖がっていますよ」と心配するが、玉川は「大丈夫」と言い張る。

どうやら玉川は古い携帯電話の“充電用のコード”をなくしてしまったらしく、保存してある古い携帯電話は現在使用できないのだという。

それを聞いた羽鳥は「関係者の方は、(充電用の)コードが見つからないことを祈るばかりですね」とコメントしていた。

※番組情報:『羽鳥慎一モーニングショー』夜の特大版 今夜決定!あなたが選ぶ 平成ニッポンのヒーロー総選挙
2019年4月30日(火)よる6:30~9:54、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事