テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

今夜『未解決の女』SP!波瑠&鈴木京香、“品字様”の文字が残された事件に挑む

2018年4月期に連続ドラマとして放送され人気を博した『未解決の女 警視庁文書捜査官』。同作のスペシャルドラマが、4月28日(日)に放送される。

©テレビ朝日

本作は、警視庁捜査一課「特命捜査対策室」第6係(文書解読係)に所属する肉体派熱血刑事・矢代朋(波瑠)と、文字フェチの頭脳派刑事・鳴海理沙(鈴木京香)がバディを組み、“文字”を糸口に未解決事件を捜査するミステリー。

今回のスペシャルでは、朋&理沙が東京と京都を股にかけ、同じ漢字が3つ連なる“品字様”の文字がカギとなる“平成最後の未解決事件”に挑む。

◆あらすじ

警視庁「特命捜査対策室」第6係に所属する熱血刑事・矢代朋(波瑠)はある日、文字フェチの先輩刑事・鳴海理沙(鈴木京香)と主任・草加慎司(遠藤憲一)とともに、京都府警を訪ねる。

実は3日前、京都市内で喫茶店経営者・武村勇介(河相我聞)の遺体とともに、「男」という漢字が3つ連なる赤インク文字が発見されるという、異様な事件が発生。

奇しくも、5年前には東京都内でもIT業界の人間がふたり相次いで殺され、それぞれの現場に「蟲」と「品」いう赤インク文字が残されていたのだが、いずれも未解決のまま時が流れていたのだ。

©テレビ朝日

事件現場に残された、同じ漢字が3つ連なる“品字様”の文字――朋と理沙はこの奇妙な共通点に注目。5年の時を経て同一人物が犯行を再開した可能性を主張する。

だが、上司である「特命捜査対策室」室長・古賀清成(沢村一樹)からは「こじつけだ」と一蹴され、京都府警の捜査一課刑事・国木田哲夫(谷原章介)からも文書捜査に対する懐疑心を丸出しにされてしまうことに…。

それでもめげずに、3つの事件をつなぐ“真実の欠片”を探し出そうと奮起する朋と理沙。だが、被害者3人の接点すら見つからず、捜査はなかなか思うようには進まない。

©テレビ朝日

その矢先、武村の過去を洗い直した国木田は、彼が4~5年前まで東京の最大手ソフトウェア企業「Wテクノス」で働いていたという情報を入手する。しかも、武村が殺される2日前に、「Wテクノス」の社長・涌井徹(中村俊介)と会っていたことも判明したのだ!

さらなる手がかりを求め、朋は国木田とともに「Wテクノス」へ。ところが、応対した社長秘書・米須雅人(武田真治)から門前払いを食らい…。

そんな中、都内で新たな殺人事件が発生! 現場に残された赤インクの品字様を見た理沙は、にわかに目の色を変える――。

※番組情報:日曜プライム未解決の女 警視庁文書捜査官~緋色のシグナル~』
2019年4月28日(日)午後9:00~午後11:05、テレビ朝日系

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事