テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

元AKB48西野未姫、握手会対応でファン激減!実演したノブコブ吉村「マジで嫌いになった」

この4月よりレギュラー番組として復活を果たした『しくじり先生 俺みたいになるな!!』。4月8日(月)放送の同番組には、元AKB48メンバーの西野未姫が登壇する。

©テレビ朝日

先日20歳の誕生日を迎えたばかりの西野は、番組史上最年少のしくじり先生。

ハライチ・澤部佑から「鬼のように緊張してるでしょ」とツッコまれながら教室に登場した西野だが、一体どんな授業を展開するのか?

◆“AKB48ブランド”を、自分の実力だと勘違い

西野は、AKB48第14期生オーデイションに合格し同グループに加入。研究生時代から「次世代センター候補」と目され、かつては「第二のまゆゆ」と呼ばれるほど注目度が高く、ファンからの支持も厚いメンバーだった。

西野がAKB48に加入したのは、あの絶対的存在・前田敦子が卒業した年。西野はデビュー当時、その人気ぶりから(自分が)前田を“抜いた”と思い、「余裕でセンターいけちゃうな~」と考えていたという。

しかし、西野が加入当初から多くのファンに応援してもらえたのは、偉大な先輩メンバーたちが長年かけてつくった環境や“AKB48ブランド”があってこそ。西野はそんな環境を「自分の実力だと勘違いしていた」と話す。

©テレビ朝日

西野は今回、自身を「元アイドル、今ヨゴレ先生」と紹介。

期待の新星から“ヨゴレ”に転落してしまうまでに、3つのとんでもないしくじりを犯してきたという…。それらしくじり内容の頭文字は、“AとOとB”。AKBならぬ“AOB”なしくじりとは一体?

◆ノブコブ吉村、握手会対応に「マジで嫌いになったわ!」

まず“A”は、「握手会」のAだ。

AKB48グループにとって、握手会はファンと直接コミュニケーションを取ることができる大事なイベントだが、西野はこれが「死ぬほど大嫌い」「ゲロを吐くほど嫌い」だったのだという。

そんな西野は、握手会の席でアイドルにあるまじき“クズ対応”を連発。今回、番組の中で当時のクズ対応が実演されるが、ファン役を務めた平成ノブシコブシ・吉村崇は、「マジで嫌いになったわ!」と怒りをあらわにする。

そんなクズ対応でファンが激減していった西野…。見かねた優しい熱狂的ファンがとった意外な行動とは? また、それに対して西野がしてしまった最悪な態度とは?

©テレビ朝日

西野はさらに、“O”と“B”の頭文字で始まるしくじりも激白。

生徒のひとり、乃木坂46の高山一実も「あぁ…」と思わず共感した“アイドルあるある”ともいえるOのしくじり、教室内を騒然とさせたBのしくじり…。

西野はアイドル業界の裏事情も暴露しつつ話していき、最後にはオードリー・若林正恭が「これは『しくじり先生』では一番やばいパターン!」と心配する過去の行動も明かされる。

「私、しょ~もない女なんです!」と反省を込めて語られる驚愕しくじりの数々…。史上最年少しくじり先生の渾身の授業、必見だ!

そして、地上波放送直後、深夜0時50分から「Abemaビデオ」で配信される完全版では、2017年にAKB48を卒業した西野に襲いかかった衝撃の出来事を「AbemaTV限定“袋とじ”」として大公開。

新たな人生をはじめた西野に、いったい何が起きたというのか…? こちらも併せて見逃せない!

※番組情報:『しくじり先生 俺みたいになるな!!
2019年4月8日(月)深夜0:20~深夜0:50、テレビ朝日

※AbemaTVの完全版は、毎週月曜深夜0:50から「Abemaビデオ

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事