テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

高橋英樹、雪の山形で75歳のバースデー!人気ミステリー第70弾のロケ秘話

ミステリー界の重鎮・西村京太郎氏が生み出した人気キャラクター“十津川警部”が、時刻表や鉄道にまつわるトリックを解明、事件の背後に潜む人間ドラマを浮かび上がらせていく『西村京太郎トラベルミステリー』シリーズ。

その記念すべき第70弾が、3月17日(日)に放送される。

©テレビ朝日

本作では、同じ西村氏原作の『西村京太郎サスペンス 鉄道捜査官』シリーズと奇跡のコラボが実現し、十津川警部役・高橋英樹と花村乃里子役・沢口靖子の初共演が大きな話題をよんでいる。

そんななか、高橋英樹が山形ロケの秘話を報告。ロケ先の山形で75歳のバースデーを迎えたことを明かした。

◆十津川警部と花村乃里子がタッグを組んで難事件に挑む!

©テレビ朝日

本作は、1979年にスタートした『西村京太郎トラベルミステリー』シリーズの記念すべき第70作目。『西村京太郎サスペンス 鉄道捜査官』シリーズとのコラボが最大のみどころだ。

今回、十津川と乃里子が挑むのは、悪徳ジャーナリストが殺害された事件。遺体を遺棄した男と事件当日に奇しくも東京駅で遭遇していた乃里子は、捜査協力を申し出る。

やがて、十津川と亀井刑事(高田純次)は真相を追って山形へ。捜査を進めるうち、事件の奥底に秘められた切なくも温かい親子愛が浮かび上がってきて…。

©テレビ朝日

当初、村川透監督は「走らせることはないから…」などと話していたそうだが、山形ロケで美しい雪景色を見たとたん、雪の上を疾走するシーンが急きょ追加されたとのこと。

高橋は、「こちらも50数年間培ってきた役者としてのクセがあるので、“よーい、スタート!”と監督から声をかけられると、ついつい走っちゃうんです(笑)。けっこう雪の中を疾走しましたが、面白かったですね!」と笑う。

さらに、高橋はロケ中の2月10日に誕生日を迎え、スタッフ・共演者から祝福されたことを語る。そのメインは、なんと“ラーメンケーキ”!

「見た目がラーメンなので、一瞬ホントに甘いのかなぁと疑ったのですが、食べたらすごくおいしかったです(笑)。ロケ先で誕生日を迎えたことはこれまで何度もあるのですが、今回のように大々的に祝っていただいたのは本当にありがたいことでした」と感激していた。

そんな高橋を山形でもっと感激させたのは、地元の方々の“熱演ぶり”。「山形出身の村川監督が普段から演技指導をしているらしく、おじちゃん、おばちゃんがいいお芝居するんですよ。役者側が焦るぐらい熱演してくれました(笑)」と、思わぬ“名バイプレーヤー”たちとの出会いに感謝する

高橋はまた、「山形でのシーンはアットホームな雰囲気が出ていて、それが東京のシーンと絡み合って素敵なヒューマンミステリーに仕上がったと思います」と本作の出来栄えを自信たっぷりに熱弁。「殺人事件を描いているのですが、その根底にあるものは人間賛歌。70本目にふさわしい、とても素敵な作品です」と熱く語った。

警視庁捜査一課・十津川警部×鉄道捜査官・花村乃里子――その強力コラボはもちろん、山形の魅力も満載な第70作スペシャル、見逃せない!

※番組情報:日曜プライム『西村京太郎トラベルミステリー第70作スペシャル 十津川警部VS鉄道捜査官・花村乃里子』
2019年3月17日(日)夜9:00~夜11:05、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事