テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

夏目三久、新番組で“タコ”とタッグ!「時計が右回りの理由」など身近な疑問に迫る

MCを夏目三久が務める新番組『ポルポ』が2月2日(土)よりスタートする。

MC・夏目のお相手を務めるのは、タコの「ポルポ」。好奇心旺盛で学習能力が高いポルポは、街をぶらつきながら“ギモン”を発掘。取材して得た答えを、スタジオで夏目に報告する。

©テレビ朝日

同番組ではポルポが主導権を握り、ギモンの答えをひも解きつつ、時折しれっと容赦ない毒舌で夏目を挑発。

ポルポと共演すると聞いたとき驚いたという夏目は、「『なんでタコ(のキャラクター)なんだろう!?』と思いました(笑)。どうやらタコはとっても頭が良くて、心もあるそうなんです。そういったタコならではの切り口とともに、また新しい番組を発信できそうで、私自身もワクワクしております」とコメント。

初収録では戸惑いながらも、ポルポを相手に独特なコンビネーションを発揮。収録後、夏目は「まだ完全には手応えをつかみきれていませんが」と苦笑いしながらも、「ポルポに対するリアクションももう少し磨き、いつでも受け身を取れるようにしていきたいですね」と、意欲をのぞかせた。

◆夏目の“ギモン”は「今の若者の考え」

ポルポとその仲間たちが街で発掘&調査する“ギモン”は、「なんで家の外に名前を書くの?」という表札に関するギモンや、「時計はなんで右回りなの?」といった“人間はみんな当たり前だと思っているけど、タコからしたら「?」なギモン”の数々。

初収録から、夏目も「考えたこともなかった! “ギモン”に思ったこともなかった!」と目を丸くする事柄の真相が、次々と飛び出した。

また夏目に、当たり前になっているけどギモンに思うことを尋ねると、「今の若者が何を考えているか…」との答えが。

「私は最近、SNSやインターネットを使って育ってきた若い世代と、会話が噛み合わなくなってきているんです。例えば、若者が動画などを配信するのも、ただただスゴいなぁと感心している状態でして…。そのパワフルさを理解しようと思ってもできない自分が悲しくもあり、今の若者が何を考えているかに興味がありますね」と話す。

もしかしたら彼女のギモンの答えもいつか、番組で解き明かされるかも? さまざまなテーマで思いもよらないギモンを掘り起こし、果敢に解明していく『ポルポ』に期待だ。

◆街の人々に特定の言葉の意味を聞く「タコウ辞苑」

番組では、多彩な週替りのサブコーナーも用意。2月2日(土)放送の第1回では、広辞苑で調べてもしっくりこない言葉の意味を街ゆく人に聞き込み調査する「タコウ辞苑」が放送される。

今回は「絆」の意味を調査。個人の経験を踏まえた感動秘話も飛び出し、言葉の意味だけでなく、その深みも感じさせてくれる調査結果となった。

ちなみに収録後、自身が絆を感じたエピソードとして「年賀状だけでつながっている人もいるのですが、ちょっと近況が書いてあったり、私のことを見てくれているような一言があったりすると、うれしくて…! マメに連絡し合ってはいないけど、節目節目で必ずお互いのことを思える人がいてよかったなって、お正月のたびに思います」と年賀状に関する出来事を挙げた夏目。

そんな彼女がぜひ街の人に意味を聞いてみたい“好きな言葉”は「貫く」という言葉だとか。

「今は稀勢の里の引退で頭がいっぱいなので、『道』や『貫く』といった言葉ばかりが浮かんできちゃって…!」と、大の相撲ファンらしい返答で、取材陣を沸かせた。

※番組情報:新番組『ポルポ』
2019年2月2日スタート!【毎週土曜】深夜1:00~1:30放送、テレビ朝日系(※一部地域を除く)

LINE はてブ Pocket +1
関連記事
おすすめ記事