テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

「愛情を感じた」林遣都、『おっさんずラブ』での田中圭とのズブ濡れキスシーンを語る

4月21日(土)に第1話が放送され、遂にスタートした土曜ナイトドラマ『おっさんずラブ』

©テレビ朝日

本作は、女好きだけどモテない33歳のおっさん主人公・春田創一(田中圭)が突然、ピュアすぎる乙女心を隠し持つ“おっさん上司”黒澤武蔵(吉田鋼太郎)と、同居している“イケメンでドSな後輩”牧凌太(林遣都)に告白されることから始まる物語だ。

笑って泣いてときめける、“この春いちばんピュアな恋愛ドラマ”となっているが、21日に放送された第1話でのラストシーンには衝撃の場面が登場! Twitterを中心にネット上で大きな話題になっている。

 

◆林遣都、あのキスシーンを語る!

そのシーンの舞台は、春田(田中圭)と牧(林遣都)が同居する家のお風呂場。

既に上司である武蔵(吉田鋼太郎)に「好きです」と告白されていた春田だが、そんな春田にさらなる衝撃がもたらされる場面だ。

©テレビ朝日

シャワーを浴びているものの、バスタオルを用意するのを忘れてしまったことから、牧に向かって「タオル持ってきて!」と大声でお願いする春田。そうして春田がシャワーを浴びているお風呂場に向かう牧だが、ドアを開けると牧は何やら神妙な顔…。

すると彼は、そのまま春田に“壁ドン”をし、「好きだ」と告白さらにそのまま、春田の唇にキス! くっついた2人の顔と顔のあいだには、シャワーが流れ続けていた…。(※第1話は「テレ朝動画」にて期間限定無料配信中

あまりの衝撃展開、そして2人の熱い名演にネット上が騒然となったこの場面。

テレ朝POST編集部では第1話鑑賞後の林遣都に話を聞き、この場面を振り返ってもらった。

©テレ朝POST/撮影:石井明和

林:「あのキスシーンは、共演者、監督、プロデューサーさんと話し合いながら作ったので、とても印象に残っています。

あのとき現場でわかったのは、お風呂場の広さから見て、僕が“壁ドン”した後には僕と田中圭さんの間にシャワーが流れているということ。キスをするとシャワーで濡れてしまうので、(乾かす)時間を考えても撮影は1回しかできなかったんです。

だから非常に緊張感があって、その緊張感をもちながらやった結果、一発で終わることが出来ました」

そして林は、このシーンの撮影で“嬉しい愛情”を感じたのだという。

林:「すごく嬉しかったのが、撮影後の録音部さんの言葉でした。

このシーンには2話の冒頭でも使われる『好きだ』などの大事なセリフがあったんですけど、ずっとシャワーの音がバックで流れる状況だったこともあって、もともと撮影後にセリフだけもう1回オンリー(※映像なしで声だけを録音すること)で録る予定だったんです。

でも、カットがかかって監督がチェックしてOKが出ると、録音部さんが『録音部ももう大丈夫です!』って言ってくれたんです。つまり、セリフをもう1回録る必要はないって。

その結果自体すごく嬉しかったし、スタッフのみなさんのパワーや愛情を感じた瞬間でもありました」

1回しか撮影できない緊張感――それが、まさにストーリー上でも緊張感あふれるあのシーンのリアリティー、そしてクオリティーを高めていたようだ。

4月28日(土)放送の第2話では、春田に思いを寄せる2人の男が直接バトルを繰り広げることになるドラマ『おっさんずラブ』。さらに高揚していく“ピュア”な物語から目が離せない!

※番組情報:土曜ナイトドラマ『おっさんずラブ』第2話
2018年4月28日(土)午後 11:15~深夜0:05、テレビ朝日系局

LINE はてブ Pocket +1
関連記事
おすすめ記事