テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

マツコ、憧れの“CAの制服”を自作で完コピした思い出「ポスターも作った」

7月22日(金)のマツコ&有吉 かりそめ天国では、視聴者から寄せられた「ちょっと触りたい“お仕事アイテム”は?」というテーマについて熱い議論を繰り広げた。

マツコ・デラックスは「制服はいっぺん着てみたいシリーズがいっぱいある」と告白。

かつて、JALで1977年から1987年まで採用された“6代目制服”を自作で完コピした経験もあり、「(飛行機の)機体の写真と合成して、自分でポスターも作った。すごく楽しかった」と振り返ると、有吉弘行も「いいねぇ~」と絶賛する。

また、JALでは1954年から1990年3月まで、一部の国際線で和服の制服を採用。

その和装姿に本気で憧れを抱いていたというマツコは「(当時は)あれ以外やりたいことがなくて。でも、途中で(CAに)なれないことに気づいた」と語る。

そんなマツコには「ケバブ屋さんの肉を削いでみたい!」という願望も。すると有吉が「ケバブの肉はどうやってつけているの?」と、疑問を投げかける。

なんでも、ケバブの巨大な肉の塊は、ソースに漬け込んで下味をつけた肉を、大きな串に1枚ずつ突き刺し、およそ100人分重ねて作られるそう。それを専用のグリル機で焼いて薄く切り落とし、盛りつけたらお馴染みのケバブサンドが完成!

あの巨大な肉の塊は、意外にも手の込んだ料理だったことが判明し、マツコは「ただ肉を焼いているだけじゃないんだ。だから、おいしいんだ」と驚き、有吉も「大きい肉をみんなで運んで、串に刺しているだけだと思っていた…」と衝撃を受けていた。

このほか、番組では「人生で一度はやってみたい映画やドラマに出てくるシーン」についてもトークを展開。

マツコが「無人島に遭難したときにやってみたい」と熱望する、ある行動とは?

※マツコ&有吉に聞いてほしい、トークしてほしい話を大募集!

※『マツコ&有吉 かりそめ天国』は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※過去回は、動画配信プラットフォーム「テラサ」で配信中

※番組情報:『マツコ&有吉 かりそめ天国
毎週金曜よる8:00~8:54、テレビ朝日系列(※一部地域を除く)

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事