テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

島崎遥香、夫・佐野岳とベッドで愛を伝え合う!手のひらに書いた漢字一文字に込めた意味

7月22日(金)に「ABEMA SPECIALチャンネル」で放送されたABEMAオリジナルの結婚モキュメンタリー番組『私たち結婚しました 3』

第8話では、佐野岳と島崎遥香が初めての“夫婦旅行”で北海道へ出かけた。

「ちゃんと北海道の街を歩いたのは初めて」と語りながら小樽の街並み堪能する島崎。

手相占いの店へ入り、さっそく占ってもらった島崎は、「これがフェロモン線、エロ線とも言います。島崎さんは個性がすごくある方」という占い結果を受け、「モテます?」と興味津々な様子で前のめりに質問する。

さらに、誕生日占いで指摘された特性に「わかります、わかります」と満足げな表情の島崎。そして、佐野の誕生日から導き出された結果と照らし合わせると、佐野と島崎は“ソウルメイト”であることが発覚する。

「2人がどんな道を選んでてもどこかで出会う」という運命的な占い結果を聞き、喜んだ島崎は、思わず佐野とハイタッチで大喜びした。

◆島崎遥香、“浮気発覚”の修羅場で予想外の演技

夕食を終え、ホテルに戻って寝る前に一息ついているなか、2人は「夫婦」をテーマにエチュードごっこで遊ぶことに。

佐野が「夫婦喧嘩とか?」とテーマを提案すると、島崎は「夫の浮気を見つけた妻」という設定をチョイス。

島崎が佐野のスマホを勝手に手に取って見せると、佐野は俳優らしいリアルな演技力で「俺見るやつ嫌いなんだけど」とスイッチが入った表情に。

続けて島崎がスマホの画面を見せる真似をしながら、「これはなに?」と問い詰めると、「え、浮気したって言いたいの?」と逆ギレした様子で重い空気感を漂わせる。

しかし、島崎が続けた予想外の演技と、修羅場のようなシーンでも笑い続ける様子に、佐野も思わず笑いだしてしまう結末に…。「ずっと笑っちゃった、棒読みになっちゃった」と島崎は反省していた。

◆2人きりのベッドで見つめ合い…

その後、寝る準備を終え、ベッドに勢いよくダイブした佐野。最後に2人でベッドの上に向かい合って座り、相手の手のひらに「今一番伝えたい気持ち」を指で書いて当ててもらうことに。

島崎は手のひらでなぞられている文字について「意外とわからない…」と一瞬悩む素振りを見せたものの、すぐに「サラン(韓国語=愛)だ!」と正解を言い当て佐野を驚かせる。

そして佐野は、「(結婚生活が)残り少なくなってきたというのもありつつ、いい関係になれてるなって思ってて。そういったものも愛でていきたい」と素直な思いを告白する。

続けて島崎が佐野の手に書いたのは「明」の一文字。「最後までお互い明るくハッピーな生活を送れたら」という願いを、佐野の目をまっすぐ見つめながら伝える。

お酒を酌み交わした夫婦は、2人きりのベッドの上で素直な思いを伝え合い、夫婦の愛を確かめていた。

※番組情報:『私たち結婚しました 3
毎週金曜夜11:00~、ABEMA SPECIALチャンネル

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事