テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

新内眞衣、人気芸人の“自称芸人”時代のクズ話をバッサリ!「最低すぎてかける言葉もない」

過去に大きな失敗をやらかした“しくじり先生”たちが自らのしくじった経験をさらけ出し、人生の教訓を伝授してくれる反面教師バラエティしくじり先生 俺みたいになるな!!(ABEMA SPECIALチャンネル)。

7月22日(金)は、『R-1グランプリ2022』チャンピオンのお見送り芸人しんいちが登壇。

数年前までの自身を振り返り、実力もないのに勘違いをして、親のスネをかじりクズ生活を送っていた過去を告白。自身の経験を教材に、“何の実績もないのに才能があると勘違いしてしくじらないための授業”を行った。

◆お見送り芸人しんいち、若手時代のしくじり生活を懺悔!

授業の冒頭、しんいちは数年前まで「なんの実績もないけど自分にはお笑いの才能がある」「売れるのにネタを作る必要なんてない!なぜなら俺にはMCの才能があるから!」という思考をもっていたと語り、そんな考えから結果的に“芸人を辞めて親のお金で女あそびとゲーム三昧”というしくじった状況にあった過去を打ち明ける。

しんいちは大学卒業後、23歳のときに元相方とコンビを結成し松竹芸能の養成所に入所。2009年にデビューを果たしたが、当時は芸人のおもしろさではなく“番組で女性アイドルをいじり倒して笑いをとる”ところに憧れていたと明かす。

そして、「アイドルや後輩芸人をイジるのは俺も得意だと思っていた。ネタのおもしろさは重要ではなく、売れるための一つの手段としか思っていなかった」と当時の思いを告白。未完成のネタを舞台で披露してしまうような状態であったとしながらも、劇場ではそこそこ人気が出ていたと振り返る。

そんなしんいちは、デビューから1年後、「大阪にいても俺の良さは伝わらない!東京なら俺を認めるはず」という思いから事務所を辞め、上京を決断。しかし、上京後何の活動もせずに2カ月が経った頃、元相方が消防士になると言い地元の大阪へ帰ることに。

コンビ解散後、ひとり取り残されたしんいちは、“親の金でナンパとコンパとゲームをやるだけのクズ生活”を送るようになったと明かす。

「(このとき)一切お笑いの活動をしていません。自称芸人のクズ生活がスタートします」と続けたしんいちに、生徒役で出演したアイドルグループ・乃木坂46の元メンバーでタレントの新内眞衣は「最低すぎてかける言葉もないです」とバッサリ。

ドン引きする新内と、「かける言葉くらいあるでしょ!」とツッコミを入れたしんいちとのやりとりに、教室では失笑が起こる。

その後、同じくフリーで活動していた当時の同居人、お笑いコンビ・クロコップの荒木好之が「本気でお笑いを頑張る」と宣言したことで焦ったしんいちは、松竹芸能時代のマネージャーを頼りに事務所を紹介してもらい、現在所属するグレープカンパニーに入ることに。

相変わらず“自分はおもしろい”という自信を持ち続けていたしんいちは、毎月行われていた事務所ライブで“10カ月連続最下位”という事態に陥ってしまうものの、当時から憧れの存在であったお笑いコンビ・平成ノブシコブシの吉村崇を引き合いに出し、「大丈夫だ!吉村崇もネタでウケてないし!」と、吉村を心の支えに過ごしていたと打ち明け、一同の笑いを誘う。

また、人生で逃げ続けてきた自身のようなタイプは「自分が得意なポジションさえ与えてくれれば実力を発揮できる」と思っていると分析したしんいち。

売れる環境を手に入れるため、当時すでに事務所一の売れっ子だったお笑いコンビ・サンドウィッチマンに接近し、ツアーやライブの手伝いをするようになったのだとか。

そんなとき、小道具のギターを見つけたサンドウィッチマンの富澤たけしから「ギターが弾けるんならネタで使えよ!」と言われたことが歌ネタを始めるきっかけになったと語ったしんいち。しかし、当時は「俺は正統派のしゃべくりで売れるんだ!歌ネタなんてダセエことやんねえよ!」と思っていたことも激白していた。

※番組情報:『しくじり先生 俺みたいになるな!!
ABEMA
毎月第1〜3金曜 よる9:00〜9:30、ABEMA SPECIALチャンネル
第4金曜 地上波放送終了後〜
【地上波】
毎月第4週金曜 深夜0:50~1:20、テレビ朝日系(※一部地域を除く)
(※次回の放送は7月29日(金)深夜1:10~)

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事