テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

セイン・カミュ、来日45年で現在は3児の父。以前は“日本流の子育て”に戸惑ったことも

7月15日(金)の徹子の部屋に、セイン・カミュが登場する。

来日して45年になるタレントのセイン・カミュ。

イギリス人の母を持ち、再婚相手の父が日本人で航空会社に勤めていたので、幼少期は父の仕事の関係で世界各国を渡り歩いていた。

6歳ではじめて日本に訪れ、今では日本を“第二の故郷”と思っていると語る。

現在は3児の父になったが、はじめは日本流の子育てに戸惑ったこともあったと振り返る。

妹・ジャスティーンさんは知的障がいをもつアーティストで、特別に描いた絵をスタジオに展示して黒柳徹子に紹介。

セインは障がいがあるアーティストの創作活動の支援をしているが、その最初のきっかけが妹の作品との“運命的な出会い”だったという。

※番組情報:『徹子の部屋
2022年7月15日(金)午後1:00~午後1:30、テレビ朝日系列

※『徹子の部屋』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※過去回は、動画配信プラットフォーム「テラサ」で配信中

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事