テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

堀田茜がハマる、 “ひとりホテルステイ”の魅力。「解放感が本当に最高」

毎週月曜~木曜の深夜に放送されている『お願い!ランキング』(テレビ朝日、関東地区のみ放送)。同番組で今年4月より始まったのが『お願い!ランキング presentsそだてれび』だ。

この企画は、テレビ朝日の全局員を対象にした企画オーディションバトル。ドラマ、バラエティー・ドキュメンタリー、アニメまでさまざまな企画が放送されているが、6月2日(木)には、堀田茜をゲストに迎え、ひとり時間提案バラエティー『今日は、ひとりがいい』が放送される。

長年雑誌の専属モデルを務め、近年は女優として数多くの映画・ドラマに立て続けに出演。また、人気バラエティー番組では過酷な体当たりロケにも挑みお茶の間に爆笑を届けるなど、幅広く活躍する堀田茜。

多忙な生活のなか、彼女が実践しているひとり時間が、“ひとりホテルステイ”だ。

休みの日ができると、ひとりでさまざまなホテルにくつろぎに出かけるという堀田。そこでは一体、どんな過ごし方をしているのか?

番組では、ホテルの部屋に複数の定点カメラを設置し、彼女のひとりならではのホテルでの過ごし方を“覗き見”。そしてテレ朝POSTでは、オンエアに載り切らなかった部分も含めてインタビューの内容をお届けする。

◆ベッドに“ダイブ”しないのは「逆に失礼です(笑)」

そもそも、堀田が“ひとりホテルステイ”をするようになったきっかけ、そしてそれをするタイミングとは?

堀田:「コロナ禍、自宅で過ごす時間が多くなって、自宅の時間も好きなのですが、やはり旅行に行きたくなったり、ちょっと非日常を味わいたかったりする瞬間があって。そういう普段のマンネリを解消したいときに、ひとりホテルステイをしてます」

そうして始めた、ひとりホテルステイ。過ごし方のこだわりも強く、ホテルには自前の部屋着を持ち込むという。

堀田:「自分で持っていく服は自分の好きな香りがするので。家の柔軟剤の香りがするほうが落ち着くし、くつろげる度合いが全然違うんですよね」

このように、香りにこだわる堀田。ホテルの部屋に入るとお気に入りのルームスプレーを撒いて、自分の好きな香りで癒しの空間を演出する徹底ぶりだ。

堀田:「あまり強くニオイが残りすぎてしまうものだとホテルに迷惑をかけてしまうので、あまりニオイが残らない、自然由来のものを調べて選んで使っています。

仕事で(ホテルに)行くときもそうですが、ひとりでホテルステイするときも、やはり安眠したいですし、くつろぎの時間を少しでも贅沢なものにしたい。香りって本当にすごく効力があるので、自分の好きな香りにいつも包まれるようにルームスプレーを持ち歩いてます」

そうして部屋を自分好みに仕立て上げたうえで行うのが、“ベッドにダイブ”だ。

ホテルならではの、きれいにメイクされたフカフカのベッド。堀田は「ダイブしないと、逆に失礼です(笑)」と語る。

◆似てるのは「初めて一人暮らししたときの感覚」

また、堀田がひとりホテルステイ中にする意外な行動が、“筋トレ”だ。くつろぎの時間とは対極にある行動に思えるが…?

堀田:「いつも必ずするというわけではないのですが、きれいな夜景を見ながら筋トレすると、すごくはかどるんですよね。気持ちが高ぶります。

ホテルって、スイッチの入る場所というか、非日常だからこそ、ちょっと堕落した生活をしてしまっているときに襟を正せる場所でもあるんです。スペシャルの空間だからこそ、筋トレとかストレッチとかスキンケアとか、すごく頑張れる。

そこで1回火がつくと、そこから美容モードとか健康維持モードのスイッチが入って良い波に乗れることがあるので、そういう意味でもわたしは“ホテルステイ”を使っていたりもします」

非日常的な空間だからこそ“自分磨き”にチカラが入ると語る堀田だが、やはりそこはくつろぎの空間。夜には“至福の時間”でとことん自分を甘やかす。

堀田:「とてもお笑い番組が好きなので、お酒飲みながら(バラエティー番組を)観てる瞬間が一番好き。その瞬間はもう、もう至福です。

かつ、そこに夜景もあって、すぐお風呂に入れて、すぐ寝られて、さらに掃除をしてもらえるという(笑)。この解放感、解き放たれた感じが本当に最高ですね。

ひとりホテルステイの醍醐味は、実家を出て初めて一人暮らしをしたときの、もう誰にも干渉されないぞっていう感覚にちょっと似ているのかもしれないです」

◆「自分がやりたいことに耳を傾ける」

このように、すっかり“ひとりホテルステイ”に「沼った(=ハマった)」という堀田。

これから“ひとりホテルステイ”をしてみたいと思う人への過ごし方のアドバイスを聞くと…。

堀田:「とことん自分に甘くする、っていうことですね。私自身、筋トレをしないでずっとソファーで食べて飲んでダラダラするときもありますし、なるべくそのとき自分がやりたいことに耳を傾けるようにしています。

そうすると自分らしいホテルステイが見つかるし、そうすればきっと“沼”って、ひとりホテルステイにハマっていくはず。私はもう、大好きですね。ひとりホテルステイ」

では、“ひとりホテルステイ”だからこそ味わえる特別なことは?

堀田:「私の場合は都内ですが、自分が生活している場所の近くであえてホテルステイすると、簡単に旅行気分が味わえますよね。

それに、ひとり贅沢時間の中でも“ひとりゴハン”などとは違って、私以外に誰もいない!(笑)

誰もいない空間で好き放題できるっていうのは、やっぱり“ひとりホテルステイ”の一番の魅力なのではないかなと思います」

※番組情報:『お願い!ランキング presentsそだてれび
【毎週】月~木 深夜0:45~1:20、テレビ朝日(関東地区のみ)

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事