テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

アルコ&ピース、パンサー向井の意外な一面を告白!「夜の毒の表情が潜んでいる」

4月20日(水)、アルコ&ピース(平子祐希、酒井健太)がMCを務める『アルピーテイル』が放送された。

YouTubeやTikTokなどで大バズり中の“コントアニメ”の世界にアルコ&ピースが誘うバラエティ『アルピーテイル』。

4月からスタートした同番組では、人気芸人と新進気鋭のクリエイターの化学反応で生まれたコントアニメを“テイル”と称し、毎週オムニバス形式で放送している。

今回は、「ネオ川崎の繁華街地下にあるBAR兼ラーメン屋」という架空の空間を舞台にお届け。番組冒頭のトークコーナーでは、パンサー・向井慧の意外な一面を明かした。

“ネオ川崎”は100年後の川崎ということで、100年後の世界に思いをはせるアルコ&ピース。平子が「“ネオ王様のブランチ”も来てるでしょ?」と切り出すと、2人は誰がメインMCを担当しているか意見を出し合う。

平子は「(パンサー)向井がやっているんじゃない?」と予想。すると、酒井も「それはやってるでしょ余裕で!」と同意する。

この春から朝の帯の冠ラジオ番組もはじまり絶好調の向井。2人から見ても向井は人気番組のMCを担えるほどの実力の持ち主なようで、「向井さん、マジすごい!」とべた褒め。

そんななか平子は、「どこかに夜の毒の表情が潜んでいる」と、さわやかなイメージのある向井の意外な“裏の顔”を告白。

さらに、この先一番生き残っていける可能性があるのは向井だといい、その“ブラックさ”がゆえに末永く活躍し続けられるのではないかと語った。

◆YOASOBIのMV制作を担当したクリエイターがつくるコントアニメ

このほか番組では、「フィッシュorビーフ」「UFO」「覇者」という3つのテイルを紹介!

YOASOBIのMV制作を担当したクリエイター・伊豆見香苗と、お笑いトリオのトンツカタンがタッグを組んだ「覇者」は、新妻が帰宅した夫に「ごはんにする?お風呂にする?それとも、わ・た・し?」と尋ねると、“覇者”と呼ばれる謎の人物が登場するというストーリーだ。

自身について「すべてを制し、すべてを手に入れる者」と説明する覇者だが、はたして何者なのか?

アルコ&ピースが「ゴールに向かう力が強すぎて…」と思わず困惑した衝撃のラストとは!?

また、番組では公式YouTubeも展開。

番組で披露したコントアニメはもちろん、ネタを作成した芸人、そしてアニメを作ったクリエイターたちと、MCアルコ&ピースによる限定のアフタートークも配信されている。そちらも注目だ!

※『アルピーテイル』公式YouTubeはこちら

※『アルピーテイル』は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※過去回は、動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」で配信中!

※番組情報:『アルピーテイル』(バラバラ大作戦)
【毎週水曜】深夜2:36~2:56、テレビ朝日(※関東ローカル)

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事