テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

人気農家レストランだった“ポツンと一軒家”。老夫婦がふるまう優しさに溢れた手料理

日本各地の人里離れた場所になぜだかポツンと存在する一軒家と、そこに住まう人物の人生にも迫っていく番組ポツンと一軒家

3月20日(日)は、 ゲストに梅沢富美男と篠原ゆき子を迎えて放送される。

先週に引き続き、熊本県・天草のあたりでポツンと一軒家を発見!

段々畑のような広大な畑に囲まれるように建つ住居を確認。屋根にはソーラーパネルらしきものがたくさんあるようにも見える。

篠原は「ソーラーパネルで自給自足しながら、実はITのお仕事をしている若い方では?」と予想。梅沢は「天草には有名な天草大王というブランド地鶏もいるんです」と話すと、養鶏農家が住んでいるのではないかと予想する。

前回の放送で尋ねた熊本県・天草の山奥にある一軒家の捜索を終えた捜索隊。その道中、深い森の中で一軒家までの道案内をしてくれた男性と遭遇していたのだが、捜索隊は「あの男性のお宅も完全にポツンでしたよね」と、案内のお礼も兼ねて男性の家へと立ち寄ることに。

あらためて捜索隊が家を訪ねてみると、山のまっただ中に切り開かれた土地に広大な段々畑と建物がある正真正銘のポツンだ!

さっそく、家の主で70歳の男性に話を聞くことに。かつては、祖父母の代から8人の大所帯だったそうで、米や野菜などを出荷していた農家だったとのこと。

現在は66歳の妻と2人で自分たちが食べる分だけの米と野菜を育てているという。しかも採れるのは巨大野菜ばかり!?

実は、2年前までは、新鮮な巨大野菜をふんだんに使い、1日1組限定で完全予約制の農家レストランをしていたとか。採れたての野菜と米を贅沢に使った手料理は大評判となり、2年先まで予約で埋まっていたそうだが、コロナウイルスの感染拡大をきっかけに閉店したのだという。

「作った料理を食べてくださるのを見るのが好きなんです」と、採れたての野菜をふんだんに使った自慢の手料理を次々と捜索隊にふるまってくれることに。

夫婦の優しさに溢れた手料理の数々に、スタジオでは梅沢も思わず「いい奥さんですねえ」とにっこり。篠原も「心があらわれました」と話す。

※番組情報:『ポツンと一軒家
2022年3月20日(日)午後7:58~午後8:56、ABCテレビ・テレビ朝日系列にて全国ネット

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事