テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

田中圭、SPドラマ『津田梅子』で“人間・伊藤博文”を体現!ディーン・フジオカは森有礼に

3月5日(土)、広瀬すずが“新5000円札の顔”津田梅子を演じるスペシャルドラマ『津田梅子~お札になった留学生~』が放送される。

今作は、日本初の女子留学生としてアメリカに渡り女子教育の道を切り拓いた津田梅子(幼名・梅)の青春を描く大型スペシャルドラマ。結婚や仕事に思い悩む等身大の姿にもスポットを当て、“誰も知らない津田梅子”を丁寧に綴っていく。

また今作では、テレビドラマのスケールを超える豪華俳優陣が集結。明治という激動の時代を駆け抜けた個性豊かな登場人物たちをあざやかに浮かび上がらせる。

そのなかでも歴史上の偉人として名高い2人を演じるのが、ディーン・フジオカと田中圭。

初代文部大臣・森有礼にふんするディーンは鹿鳴館の舞踏会シーンで華麗なダンスを披露。田中は初代内閣総理大臣・伊藤博文の知られざる一面を人間味たっぷりに体現する。

◆ディーン・フジオカ、森有礼をスマートに演じる

1871年(明治4)年、日本初の女子留学生としてアメリカへと旅立った梅たち。そんな女子留学生を現地で手厚く支えたのが、のちに初代文部大臣となる森有礼だった。

当時、森は初代駐米公使である“少弁務使”という立場にあり、彼女たちのホームステイ先を探すなど熱心にサポート。その後、1885年の内閣制度の成立とともに、第一次伊藤内閣のもと初代文部大臣に就任したが、留学中も帰国後も常に梅子の精神的支えとしてあり続けた人物だ。

これまで、数々の映画、ドラマで多彩な役柄を演じてきたディーン。日本の歴史上の人物では、NHK連続テレビ小説『あさが来た』(2015年)とNHK大河ドラマ『青天を衝け』(2021年)の2作品で演じた“五代友厚”役が有名だが、実は森有礼は五代友厚と同じ薩摩藩出身。

五代の引率のもと、幕末に“薩摩藩第一次英国留学生”、いわゆる“薩摩スチューデント”としてイギリスに留学したという深い縁がある。

今作では、『青天を衝け』の五代よりも大きなヒゲをたくわえながら、五代とはまたタイプの異なるスマートな明治の男・森有礼を颯爽と表現。英語のセリフも流暢にこなすほか、鹿鳴館のシーンでは妻・常役の咲妃みゆをエスコートしながら燕尾服姿で華麗なダンスを披露する。

ディーンは、「森有礼は、時代の先を見据え、日本の未来のために行動した方なのだという印象を受けました。この作品『津田梅子~お札になった留学生~』は現代の日本につながる歴史の流れを身近に感じさせてくれる作品になっていると思います」と、偉大な先人の背中に思いを馳せながらこの役を演じたことを明かす。

◆田中圭、初代内閣総理大臣の“意外すぎる素顔”を体現

また、情報解禁時からヒゲ姿のビジュアルが話題をよんだのが伊藤博文役の田中圭。

伊藤はいわずとしれた初代内閣総理大臣であり、近代日本の礎を築いた元老として知られているが、実は女性にモテモテだった一面もあり、今作では芸者たちと騒ぎながら帰宅する場面も描かれている。

誰もが知る偉人の意外な一面を演じるにあたり、田中は「みなさんがイメージしている、偉人としての伊藤博文像にはない姿が登場するワンシーンがあり、どう演じようかなとずっとソワソワして、撮影前夜は眠れませんでした」と、“人間・伊藤博文”の魅力にひかれながら演技に挑んだ心境を吐露。

また、梅や伊藤、森らが大いなるエネルギーをもって明治という変革期を切り拓いていった物語について、「この作品には、僕らが受け継いでいただかなくてはいけないものが数多く描かれているので、楽しみつつも何かを感じていただければ」とコメントした。

※番組情報:『津田梅子~お札になった留学生~
2022年3月5日(土)よる9:00~よる11:05、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事