テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

彼氏の愛車は路線バス!「高速は乗れない」「コンビニに寄れない」…衝撃のドライブデートの実態

2月14日(月)放送の『激レアさんを連れてきた。』では、田中樹(SixTONES)とヒコロヒーをゲストに迎え、「なぜか路線バスを購入してしまい、愛車として乗り回している彼氏と、それゆえにその路線バスでデートをする羽目になっている彼女」を紹介する。

あまりにも路線バスを愛しすぎて自家用車にしてしまったリョウさんと、彼女であるワスコさん。

今回は、この「日本ではじめて路線バスの愛車化に成功したカップル」のドライブデートに密着。すると、“簡単にコンビニには寄れない”“高速道路は乗れない”など、普通車では考えられない出来事が次々と巻き起こる。

そもそもリョウさんが路線バスに魅了されたのは幼少期で、バスの運転手になるのが夢だったそう。大人になっても夢の種火は心でくすぶり続け、ある日ネットオークションで念願の路線バスをゲットする。

しかし、ワスコさんは、その不便さや恥ずかしさから“別れ”まで考えるようになり…。

やがて、そんな彼女の心が劇的に変わるときが訪れる。あれほど嫌っていた路線バスが一気に救世主に! いったい何が…?

無事に別れを回避し、ワスコさんも路線バスを受け入れてからは、ふたりでバスデートを楽しみ尽くすことに。バスの中でのカラオケ大会、挙げ句の果てには雨天時に車内でBBQ!

さらには、リョウさんだけではなくワスコさんも路線バス愛が膨らみ、驚きの結末に…!

◆野田クリスタルのゲーム偏愛

そして今回は、「1円もお金をかけずにゼロの状態から完全独学で10年以上ゲームを作り続けていたら商品化までされちゃった人」として、マヂカルラブリーの野田クリスタルが登場する。

高校在学中からお笑い芸人として精力的に活動をしていた野田は、2004年に高校を卒業した直後から、時間を持て余してオンラインゲームに生活のすべてを捧げる日々がスタート。

「芸能界で“課金”と“ガチャ”を最初に経験したのは僕」と豪語するが、それもそのはず、バイト代もすべてゲームに注ぎ込むほどののめり込みようだったそう。

そんなある日、運命が大きく変わる出来事が起こる。

それは、劇場ライブでの“特技をいかしたコーナー”で「一切お金をかけない完全独学のゲーム作り」を披露したことだった。

途方もないゲーム作りのプログラミングを黙々とこなした結果、できあがったゲームは客席と芸人仲間から大盛況に。早速次のゲームへのリクエストが来るほどに盛り上がり、野田は衝撃を受けるのだった。

その後も順調にゲーム作りを続けて、ライフスタイルはいつしか本業のトンがったお笑い1に対し、信頼と実績のゲームは9というトンデモない比率に。

しかし2020年、この行動が奇跡を起こす。ピン芸人の賞レース『R−1ぐらんぷり』に、ゲームネタを引っ提げて挑み、見事に優勝したのだ。

しかしその過程では、出費やトラブルなどさまざまな出来事があって…!?

いまではゲーム作りの才能が広く世間に知れ渡り、大手ゲーム会社からオリジナルゲームを発売するに至った野田。ゲーム作りに夢中となっていた当時の彼を、相方の村上がVTRで証言する。

番組情報:『激レアさんを連れてきた。

2022年2月14日(月)午後11:25~深夜0:25、テレビ朝日系24局(※⼀部地域を除く)

『激レアさんを連れてきた。』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

過去回は、動画配信プラットフォーム「テラサ」で配信中

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事