テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

吹越満、『全力坂』放送3000回でまさかのランナーに!16年間ナレーター務め初の疾走

2005年4月から放送を続けている平日深夜の恒例ミニ番組『全力坂』

東京に数多くある坂道を、俳優・吹越満による「この坂もまた、実に走りたくなる坂である」というおなじみの紹介ナレーションとともにひたすら全力で駆け上がるという唯一無二のバラエティ番組だ。

そんな『全力坂』が、1月11日(火)で放送3000回目を迎える。

記念すべき3000回目のランナーは、なんと同番組のナレーションを担当する吹越満! 56歳を迎えた名バイプレーヤーが全力で坂を駆け上がる。

「え?! 俺?! と思いました」とまさかの指名にびっくりしたという吹越だが、スタッフの「特別な回にしたい」という思いに答えるかたちで出演を快諾。

撮影中には吹越自ら演出のアイデアを出し、16年間ともに番組を作ってきた吹越ならではの特別な『全力坂』が展開される。

坂を登り切った吹越は「走れるかどうか心配だったんですけど、まだ行けそう。でも左足のももの裏が痛いね(笑)」とコメント。「4000回目のときは、61、2になってると思うんですけど、まだいけるかなあ」とさらなる意欲を語った。

◆吹越満 コメント(全文)

オファーをいただいたときは、「え?! 俺?!」と思いました。3000回記念ということで、僕に白羽の矢が立ったみたいなことなんですかね。嬉しかったです。

56歳になりましたけれども、全力で走ることとか、坂を全力で走ることは最近全然していなかったので、走れるかどうか心配だったんですけど、もうちょっといけたかもしれないって思ってるくらいですね。左足のももの裏が痛いね(笑)。

まだ行けそうだけれど、あともう3本くらい走ってくださいって言われたら、ちょっと嫌だなって思ったかもしれない(笑)。次4000回になるとき、僕は61、2になってると思うんですけど、まだいけるかなあ、って思っていたりしています。

『全力坂』のナレーションで素敵なところは、同じ坂が出てきてもナレーションの使い回しはしないで、必ず取り直しています。当日原稿をいただいてなるべく初見で一発OKを出したいと思って頑張っています。

最近、『全力坂』は女性だけではなくて、男性が走るバージョンというのも増えています。老若男女問わず走るチャンスもあるんだと思って、自分も出てみたいという気持ちを持ってぜひご覧ください。そして、坂を走ってみてください!

※番組情報:『全力坂』 
2022年1月11日(火)深夜1:20~深夜1:26、テレビ朝日(※関東地区)

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事