テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

大人気「ひろゆき論破企画」で90分!MCのさらば森田「今回、誰かがひろゆきさんに勝ってる」

「深夜にMADな企画をお送りする」がコンセプトの『マッドマックスTV』

ニューヨークとさらば青春の光・森田のトリオがMCのこの番組。1月2日(日)深夜の年始SPは、大好評のひろゆきディベート企画を90分ぶち抜きで放送することが決定した。

題して、「マッドマックスTVが送り込んだ7人の刺客にひろゆきを論破させちゃう企画!2022年こそマジでひろゆきを論破させちゃうぞSP」だ。

ひろゆきに挑むのは、番組MCのさらば青春の光・森田をはじめ、ゆりやんレトリィバァ、友近、みなみかわ、野性爆弾・ロッシーと弁に自信のあるツワモノたち。挑戦者がディベートしたい議題を持ち込み、ひろゆきとのバトルに臨む。

さらに今回は、ボクシング界から亀田興毅&大毅が参戦!

現役時代は歯に衣着せぬ物言いで話題を振りまいた亀田兄弟が、ディベート王・ひろゆきとの戦いのリングに立つ。

◆ゆりやんの無茶ぶりでひろゆきの牙城が崩れる!?

これまで番組で、数々の論客に対し圧倒的な勝利をおさめてきたひろゆき。「今まで死んでいった同胞の敵は俺がとる!」と息巻くのは、さらば青春の光・森田だ。

森田が持ち込んだ議題は、男性なら気になってしまう“アレ”について。森田が常日頃感じている不満をひろゆきにぶつける。

ゆりやんが選んだ議題は、「キスする時目を開けるべきか/閉じるべきか」。つかみどころのない持論を展開していくゆりやんにひろゆきも困惑…。さらに、まさかの無茶ぶりでひろゆきもタジタジに! 独自の戦法で勝ち星をあげることはできるのか?

そして、「ひろゆきはボクシングで例えるならメイウェザー」と語る亀田兄弟は、ボクシングのパフォーマンスについて討論。

ディベートの中で大毅は、「パフォーマンスさえしなければメイウェザーにも勝てていた」と爆弾発言! 芸人たちから「めっちゃ面白かった!M-1出れる!」と絶賛されたトーク力に注目だ。

※さらば青春の光・森田哲矢 コメント
「今回、誰かがひろゆきさんに勝っているので、ひろゆきさんへの勝ち方はあるんだ!というところを見てもらいたいです。今年の抱負は…1回でいいからマッドマックスTVをゴールデンでやりたい!もしくは昼で(笑)」

※ニューヨーク・屋敷裕政 コメント
「接戦も多く、SPにふさわしいメンバーが揃っています! 新年早々地上波で90分ですからね、とんでもないことですよ(笑)。番組がもっと大きくなるといいですね。あと今、地上波でさらば青春の光が揃っているところをなかなか見ることができないので、スタジオに東ブクロさんがいるのも見どころです(笑)」

※ニューヨーク・嶋佐和也 コメント
「ディベートだけで90分…あっという間に終わったので、僕たちは袴を着てずっとスタジオで見ているだけでした(笑)。ディベートってこんなに面白いんだ!と思いましたね」

※番組情報:『マッドマックスTV
2022年1月2日(日)深夜0:40~深夜2:10、テレビ朝日系(一部地域を除く)

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事