テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

HKT48・村重杏奈、卒業までの1か月に密着!「いろんな人に痩せろと言われた」暗黒時代を告白

オリジナルコンテンツを毎日配信中のテレビ朝日公式YouTubeチャンネル『動画、はじめてみました』で、旬な人・話題の人に密着する新企画が始動!

その名も「ドQメント100」。密着しながら、ファンや同僚・友人などから募集・ヒアリングして集めた「いま本当に聞きたい質問」を合計100個ぶつけていくという企画だ。

第1回に登場するのは、HKT48を12月27日(月)に卒業する村重杏奈。

グループの中では“バラエティキャラ”として知られる村重。「一番出たい番組はアメトーーク!」と日々公言している彼女だが、一体なぜ今回“卒業”という道を選んだのか?

そして卒業した後、どういう活動をしていくのか?

動画では、卒業を約1か月後に控えた12月1日から取材開始。仕事やプライベートに密着する中で、徐々にその本音が明らかになっていく。

◆「いろんな人に痩せろと言われた…」激太りしていた”暗黒時代”

100個の質問は、「HKT48での一番の思い出は?」「一番印象に残っているファンは?」など、グループ時代の思い出を引き出すものもあれば、「整形に興味ある?」「目標の年収は?」など、突っ込んだ質問まで多種多様。

そんななか、卒業前ということもあり、ぶっちゃけトークも全開になっていく。

10年間のHKT48としての活動のなかで、「辞めたいと思ったことは5000回くらいあった」という村重。

「当時はグレていた。Мステに出ているHKT48のメンバーを、自分は家でテレビで見る、みたいな。自分では暗黒時代。自己管理もできていなくて太っていたので、先輩やマネージャーなど色んな人から、会うたびに痩せろと言われた」と語る。

グループを辞めたい、HKT48の現場に行きたくないと思い悩むことも多かったそうだが、あるときそれらの叱責が「村重と一緒にステージに立ちたい」と本気で思ってくれているからこその叱責だったことを知る。それを機に、立ち直ることができたのだそう。

今回、お世話になったHKT48最後のステージで「一番かわいい自分で卒業したい!」とギリギリまでダイエットすることも決意。

さらに、10年を節目に、「1人のタレントとして売れたい」と思い、今回卒業を決めたと話す。

13歳からお世話になっている雑誌の編集者との仕事現場では、「HKT48としてのお仕事だったので、今後は会わないかも知れない。本当に卒業するんだなぁと実感する」と感慨もひとしおだ。

動画では、劇場公演のリハーサルやファンとの最後のお話会など、貴重な舞台裏の様子も密着。“もう二度と立てなくなる”劇場のステージで、村重が発した言葉とは?

なお、この密着動画の後編は2022年1月中旬に配信予定!

後編では卒業公演を間近に控えた村重のリアルな表情や卒業公演の舞台裏をお届けする。

※配信情報:『ドQメント100~村重杏奈に密着しながら気になる質問100個してみた~』(動画、はじめてみました)
前編:2021年12月27日(月)よる9時~配信
後編:2022年1月中旬配信予定

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事