テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

ハナコの冠番組が放送!岡部、プレッシャーで崩壊寸前に…!?

12月19日(日)、ハナコの冠番組『ハナコの超集中!ふれるな!』が放送される。

『ハナコのふれるな!』はその名の通り、「触れたら負け、触れなければ勝ち」だけがルールの真剣アクション番組。

ゲームに挑戦するのは塚田僚一(A.B.C-Z)とゆん(ヴァンゆん)とハナコ岡部からなる岡部チーム、中岡創一(ロッチ)と野口衣織(=LOVE)とハナコ菊田からなる菊田チーム。

ハナコ秋山の進行で、この2チームが3つの「触れたら負け」のオリジナルゲームで対戦する。

◆ハナコ岡部、プレッシャーで崩壊寸前?

最初のゲームは「ニセモノにふれるな!」。

舞台は回転寿司店。レーンに流れてくる6皿の寿司のうち5皿は本物の寿司だが、1皿は日本を代表する食品サンプルの達人2名が作成した精巧な食品サンプル。

最初の1周でどれがニセモノか見破り、すべて本物の5皿を食べることができればクリアとなる。

挑戦するのは岡部チームのリーダー・ハナコ岡部。

寿司屋のバイト経験もある岡部だが、本物と変わらない精巧なサンプルを前に「わかりません!」とお手上げ。実況席の秋山からも「冠番組として、ここで決めてください!」とプレッシャーをかけられ、さらにテンパる…。

秋山の願い通り、冠番組で見せ場を作れるか?

◆ハナコ菊田、極小の鍵穴に挑む!

続いて「鍵穴にふれるな!」では、細い棒を鍵穴から箱の中に通し、制限時間内に爆弾のタイマーを押すことができるかを競う。

細い棒はL字など曲がりくねっており、ちょっとでも鍵穴に触れるとアウト! 鍵穴の大きさはわずか2センチという極小の戦いだ。

プレッシャーと緊張で手が震えながらも、超真剣な表情で挑む挑戦者たち。

そんななか、天然キャラで緊張しない(?)ハナコ菊田vsA.B.C-Z塚田の息をのむ戦いが繰り広げられる。

◆勝負の行方がかかるボウリング対決で奇跡が起こる!

3番目の競技は「ふれるな!ボウリング」。

レーンに沿って2列に置かれたずらりと並ぶ60本のピンの間にボウリングの球をまっすぐに投げ、1本のピンにも触れることなく球を通すことができるかを競う。

勝利の行方がかかる最後の競技とあって、挑戦者の表情もさらに真剣に!

そんななか、菊田チームの野口が奇跡を起こす!? はたして、触れることなく勝利を手にするのはどちらのチームか?

※番組情報:『ハナコの超集中!ふれるな!』
2021年12月19日(日) 午後2:00~午後2:55、テレビ朝日(関東ローカル)

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事