テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

井上尚弥のいとこも「ずば抜けたボクシングの才能」の持ち主!しかし抑えられぬアニメ愛にKO

“激レア”な体験を実際にした「激レアさん」をスタジオに集め、その体験談を紐解いていく番組『激レアさんを連れてきた。』。

11月29日(月)の放送では、ファーストサマーウイカと宮下草薙をゲストに迎え、新コーナー「あなたならどうする!?激レアさん」をお届けする。

「こんなことが起きた時、あなたならどうする?」と考えながら見てもらい、自分を見つめ直すのに役立ててほしいという同コーナー。初回は「1億円の預金通帳を拾った人」ことタシロさんが登場する。

タシロさんが1億円と”遭遇”したのは今年の9月のこと。

仕事が終わり家路についているとき、人通りが多い横断歩道のど真ん中に何か落ちているものを発見。何気なく拾ってみると預金通帳で、中にはキャッシュカードと暗証番号が書かれた紙が!

タシロさんはもちろんすぐ交番に届けることにするが、自分の手元に1億円があると思うと変に緊張し、挙動不審になってしまう。

交番に行くと、警察官から落とし物を拾った者の権利としてお礼金のことを告げられる。

権利を主張するのか、しないのか。タシロさんは悩んだ末、いかにも日本人らしい質問をしてみるが、これが予想外の展開に…。

タシロさんはこの激レア体験を共有したいと、ことのてん末をツイート。すると人生ではじめての経験をしただけでなく、この出来事を通して、自分の中にある”秘めた思い”に気づいたという。

1億円の預金通帳を拾うと、人はどんな思いにかられるのか? 生々しい体験談から浮き彫りにしていく。

◆井上尚弥の陰に隠れた知られざる天才

また、この日の放送では「井上尚弥のいとこでとんでもない強さで日本チャンピオンに輝いたが最後に自分の中の抑えられないアニメ愛にKOされた人」ことコウキさんも登場。

井上尚弥選手曰く、「ずば抜けたボクシングの才能の持ち主」とのことで、「第41代日本スーパーライト級王座」「WBO アジア太平洋スーパーライト級王座」という輝かしい経歴を持つコウキさん。

一方で大のアニメ好きで、ついアニメを優先する悪いクセがあり、プロになってたった1 度の敗北だけで引退してしまう。

コウキさんがボクシングをはじめたのは小学3年生の時。1歳年下の尚弥選手がやっているのを見て、興味を抱いたのだ。同じ頃、ゲームのヒロインに夢中になり、その後すっかりアニメにハマってしまう。

小・中・高とボクシングを続けるが、練習以外の時間はアニメを見ることに当てるほど。やがて超実力派ボクサーに成長したコウキさんは、大学を中退してプロデビューすることに。

しかしプロデビュー戦から大事件が勃発! 試合の日とオタクの祭典“コミケ”の日が被ってしまったのだ。何とかコミケに行きたいコウキさんが取った行動とは?

番組情報:『激レアさんを連れてきた。

2021年11月29日(月)午後11:15~深夜0:15、テレビ朝日系24局(※⼀部地域を除く)

※『激レアさんを連れてきた。』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※過去回は、動画配信プラットフォーム「テラサ」で配信中

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事