テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

何が起こるか分からない『相棒』シリーズ20作目!原田龍二演じる名物キャラが登場

11月3日(水)放送の『相棒』第4話に、原田龍二演じる陣川公平が登場する。

10月27日(水)に放送された「season20」第3話では、「season19」から計7話にわたって描かれてきた壮大な事件がついに幕を下ろした。

特命係の杉下右京(水谷豊)と冠城亘(反町隆史)がすべての謎を暴き、黒幕である内閣官房長官・鶴田翁助(相島一之)を追い詰める怒涛のストーリーが描かれ、今後もますます何が起こるかわからないメモリアルシーズンの『相棒』。

第4話「贈る言葉」には、『相棒』シリーズの名物キャラクターが登場。その人物とは、原田演じる捜査二課刑事・陣川。

陣川は誤認逮捕が原因で一度特命係に左遷されたことがあり、特命係“初代・第3の男”ともいうべき存在だ(『相棒 season3』第6話で、特命係に陣川警部補が新たに配属された)。

今回は、友人のゲームクリエイターに殺人容疑が降りかかり、彼の潔白を証明すべく陣川と特命係が奔走。おっちょこちょいで思い込みの激しい陣川は、事件を解決できるのか?

残念だけど憎めない男・陣川の活躍、そして事件の背後に秘められていた意外すぎる真実とは?

※番組情報:『相棒 season20』第4話「贈る言葉」
2021年11月3日(水)午後9:00~午後9:54 、テレビ朝日系24局

※動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」では、『相棒』過去全シーズン&スペシャルドラマに加え、劇場版、スピンオフも配信中!

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事