テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

朝ドラの“語り”で話題、落語家・桂吉弥。教師を目指していたが大学時代に急きょ進路変更

10月12日(火)の『徹子の部屋』に、桂吉弥が登場する。

朝ドラに語り・黒衣で出演し話題となった吉弥は、数々の賞を受賞し今大人気の落語家。

そんな吉弥には2人の師匠がいる。国立大を卒業後、桂吉朝さんに弟子入り。その後、人間国宝・桂米朝さん宅で内弟子も経験した。

当初、吉朝さんという師匠がいるにも関わらず、米朝さん宅で内弟子をすることに不満を抱いていたが、米朝さんを知れば知るほどその偉大さを実感したそう。

米朝さんは『徹子の部屋』に何度も出演し、黒柳徹子も大好きな落語家。当時の映像を交えながらその楽しい素顔を明かす。

父は養護学校(現在の特別支援学校)、母は中学校の教師という家に育った吉弥。

自身も教師を目指していたが、大学時代に落語と出会ったことで急きょ進路変更。

はじめ両親は反対したが、ある意外な理由で応援してくれるようになった。その理由に黒柳も驚く。

1男1女の父である吉弥の手本となっているのは両親。どんなに仕事が忙しくても家族サービスは欠かさなかったという。

とくに養護学校の教師をしていた父は、人が面倒だと思うようなことも率先して行う明るい人だった。

50歳になった今、あらためて両親への感謝の気持ちを語る。

※番組情報:『徹子の部屋
2021年10月12日(火)午後1:00~午後1:30、テレビ朝日系列

※『徹子の部屋』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※過去回は、動画配信プラットフォーム「テラサ」で配信中

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事