テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

作家・下重暁子、友人が次々亡くなり…あらためて考えた「いつ死んでも悔いの残らない生き方」

7月16日(金)の『徹子の部屋』に、80歳を超えてからベストセラーを連発している下重暁子が登場する。

執筆活動に集中するときはいつも軽井沢の山荘を訪れるのだが、2020年、この山荘で夫に緊急事態が発生。真夜中に12段もあるまっすぐな階段を転がり落ちたという。

救急車で病院へ運ばれるも、骨折などはなく帰宅。しかし翌日、吐き気とめまいに襲われ緊急入院することに。

そんな状況のなか、手助けを買って出てくれたのは友人たち。その親切心に感謝の思いでいっぱいだったという。

また、最近親しい友人たちが次々と突然死したこときっかけに、自らも「いつ死んでも悔いの残らない生き方」をあらためて考えるようになった。

最後まで精一杯生き悔いなく逝った母、そして古くからの友人だった野際陽子さんへの思いを語る。

※番組情報:『徹子の部屋
2021年7月16日(金)午後1:00~午後1:30、テレビ朝日系列

※『徹子の部屋』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※過去回は、動画配信プラットフォーム「テラサ」で配信中

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事