テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

オードリー若林、ハライチ澤部と収録中に泥試合!「謝れ!」「あなたが調子に乗ったから!」

過去に大きな失敗をやらかした“しくじり先生”たちが自らのしくじった経験をさらけ出し、人生の教訓を伝授してくれる反面教師バラエティ『しくじり先生 俺みたいになるな!!』

6月14日(月)の放送では、オードリー・若林正恭の授業“完結編”をお届けする。

前編では、NBAの大スター、ジェームズ・ハーデンの大ファンになったことを機に、バスケットボールにのめり込んだことを明かした若林。

その結果しくじってしまい、全治2カ月の大ケガを負うハメになったという。

いったいなぜそんな事態が起こってしまったのか? 後編では “運命の試合”で何が起こったのか、そして若林がこのしくじりから学んだ“人生の教訓”について語る。

◆後輩におだてられた結果…

バスケットボールはまったくの初心者ながら、仕事帰りに公園のバスケットコートに立ち寄ってはひとりでシュート練習に励んでいた若林。

次第に誰かに見てもらいたい気持ちが芽生え、元バスケ部であるハライチ・澤部佑にプレー動画を送るようになる。

すると「うまいっすね! バスケやってましたっけ?」「ジェームズ・マサヤス・ハーデン!」などと“おだてる”返信が届き、それを額面どおりに受け取った若林はすっかり気持ちよくなっていた。

そんなある日、澤部から運命のLINEが届く。「僕とバスケの試合やりませんか」というお誘いのメッセージだった。

てっきり制作会社の中年スタッフたちと試合をやると思っていた若林は、当日コートに行ってびっくり。20代のバスケ経験者ばかりが集まっていたのだ。

まるで漫画『スラムダンク』に登場するバスケの強豪校・山王工業高校のようだったという彼ら。若林は試合がはじまると、「後輩の澤部にいいところを見せたい!」という一心で必死にくらいついていった。

すると、そんな姿を見た澤部が「お笑い界のハーデンだぁ〜‼️」とまたもやおだて上げ、舞い上がった若林は「結構できてるじゃん」と自信をもってしまう。

相手チームに切り込んでいくと思いのほかシュートが打てるようになり、ディフェンス陣の動きも止まって見えるようになった。

だが若林は、それが大いなる“勘違い”だったことを後で知ることになる。

その悲しい理由が明かされると、生徒たちは「えーそうだったの!?」と仰天し…。

 

◆ケガの原因は…澤部?

後輩におだてられ、古傷があるのも忘れて思い切ったプレーに出た結果、ひざを負傷してしまった若林。

「本当に情けない。なんであんなこと…」と当時を悔やみながらも、最終的にケガの原因は「澤部のせい」と断言する。

どうやら澤部がおだてなければ、調子に乗ってケガをすることはなかったと考えているようだ。

「澤部にオフィシャルで謝罪してもらいたい」と迫る若林。しかし、当の澤部は「嫌ですよ」「あなたが調子に乗ったからでしょ!」と反論する。

図星をつかれて言い返せない若林だったが、納得できないのか「おまえ俺のひざに謝れ!」とブチギレる場面も!

 

◆相方・春日との関係にも影響が…

番組後半では、若林がケガをしてからの不自由な日々が明らかに。

マネージャーに送り迎えをしてもらったり、松葉づえで階段を降りるのが怖くなったり、さまざまな面で周りに迷惑をかけてしまったという。

さらに、相方・春日からも「おじさんがハシャいで何やってんだ」と呆れられ、「春日より立場が下になるのでラジオがつまらなくなった」とこぼす。

42歳にも関わらず、高校生気分で遊んだバスケでケガをして散々な目に遭った若林。そのしくじりから学んだ“人生の教訓”とはいったい?

番組情報:『しくじり先生 俺みたいになるな!!
2021年6月14日(月)深夜0:15~深夜0:45、テレビ朝日

放送終了後から「ABEMA」でも配信!
(※1週間無料配信。その後は1年間、有料にて配信)

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事