テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

明石家さんま、黒柳徹子に「2人でM-1出場」提案!“ザワつくトリオ”も参戦の『徹子の部屋』SP

2020年2月に放送45周年を迎えた『徹子の部屋』。その節目を記念して、6月5日(土)に2時間スペシャルをお届けする。

スペシャルゲストとして明石家さんまのほか、『ザワつく!金曜日』でおなじみの長嶋一茂、石原良純、高嶋ちさ子の3人が揃って参戦。

番組の名場面を振り返りながら黒柳徹子と爆笑トークを展開する。

 

◆“カードトーク”が“マシンガントーク”に

2016年放送の『徹子の部屋 祝40周年 最強夢トークスペシャル』以来、約5年ぶりにゲストとしてやってきたさんま。

前回出演時に好評だった“カードトーク(カードに書かれたテーマにそってトークを展開する企画)”を繰り広げるはずが、黒柳とさんまのマシンガントークが盛り上がりすぎてなかなかコーナーに移れなくなる。

黒柳が「私、芸能界でいちばんさんまさんのことが好き。お忘れかもしれないけど、前にあなた、私と暮らしてもいいっておっしゃったのよ」と責めると、さんまは「もう(その発言は)忘れたいです」と応戦。

まさに“ああ言えばこう言う”のやりとりが展開していく。

◆明石家さんま、“2人でM-1出場”を提案

その後、ようやくカードトークに突入したと思ったら、黒柳の進行はディレクターの指示をスルーしたり、ゲストのさんまにカードを選ばせようとしないなど、かなり自由。

爆笑したさんまが「2人で『M-1グランプリ』に出ましょう! 準決勝まで行きますよ」と黒柳を誘ったり、黒柳がAdoの大ヒットナンバー『うっせぇわ』を口ずさんでさんまをビックリさせるひと幕も。

また、過去5回番組に出演したさんまの名場面を振り返るほか、今だから話せる元妻・大竹しのぶの仰天エピソードなどトークは縦横無尽に広がっていく。

◆ザワつくトリオの初登場シーンが明らかに!

続いて、ザワつくトリオ3人がそれぞれ『徹子の部屋』に初出演したときの初々しい姿も大公開。

「当時の自分にアドバイスするとしたらどんな言葉を送りたい?」と黒柳に聞かれたことをきっかけに、ちさ子のSNSが時折“炎上”してしまうことが話題にのぼる。

ちさ子は「コメントを読むと心の傷もスゴイけど、その分、“かさぶた”も硬くなるんです」と名言を吐き出す。

さらに、ゲストにモノマネや歌、変顔を無茶ブリして“追い込む”黒柳のVTRも特集し、これには一同大爆笑。

“追い込まれた経験”について語っていくうち、良純が『西部警察』での衝撃アクション秘話を激白。ヘリコプターに救出されるシーンで良純を襲った悲劇とは?

◆黒柳徹子を笑わせろ! 芸人たちがネタ披露

このほか、どんな芸でもおもしろさを感じなければ徹底して笑わない黒柳に、さんまが「あなたは笑わなすぎるんですよ!」とクレーム。

さんまがおススメする芸人たちを呼びよせ、黒柳の前でネタを披露するコーナーも展開する。

はたして黒柳を笑わせる芸人は出現するのか?

※番組情報:『徹子の部屋』45周年スペシャル~徹子&明石家さんま&一茂良純ちさ子土曜の夜もザワつく会!!~
2021年6月5日(土)よる6:56~よる8:54、テレビ朝日系24局

※『徹子の部屋』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※過去回は、動画配信プラットフォーム「テラサ」で配信中

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事