テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

松坂桃李、三浦翔平と絶叫フラダンスバトル!“ヒロイン”井浦新をめぐって地獄の三角関係に発展<あのキス>

5月28日(金)、『あのときキスしておけば』の第5話が放送される。

ポンコツなスーパーの従業員・桃地のぞむ(松坂桃李)。ある日大好きな漫画の作者・唯月巴(麻生久美子)と出会い、友だち以上恋人未満な関係になるも、巴は不慮の事故で帰らぬ人に。悲しみに暮れる桃地の前に現れたのは、巴の魂だけが乗り移ってしまった見知らぬおじさん(井浦新)で…。

ついにオジ巴と巴が同一人物だということに、高見沢春斗(三浦翔平)が気づいた第4話ラスト。

「巴、会いたかった」「俺の巴」と、目の前で繰り広げられる高見沢の熱烈な愛情表現、そしてオジ巴からの「この人が元ダン(元旦那)なの、私バツイチなの…」という告白に、ただただぼう然とするしかない桃地…。

◆桃地×オジ巴×高見沢、地獄の三角関係に突入!

そして第5話でついに、桃地×オジ巴×高見沢による、地獄の三角関係バトルに突入!

別れた元夫婦でありながら、いまだ巴に未練タラタラの高見沢、そして夢なし目標なし恋愛にも興味なしだった人生にはじめて恋が訪れた桃地。2人の正反対の男が、この恋物語のヒロイン・オジ巴を巡って壮絶なバトルを開始!

しかしなにせ恋がはじめての桃地…。オジ巴と高見沢に対して抱いてしまう“もんもん”とした感情の正体がわからず、家でもスーパーでも奇怪な行動を繰り返してしまう。

ようやくスーパーの同僚たちから、その感情が“嫉妬”だと指摘され、自覚。そんな桃地に対し、高見沢は“巴の元旦那”というアドバンテージを存分に発揮し、とんでもないマウントをとる。

そんな桃地vs.高見沢の恋のバトルは、まさかのフラダンス対決にまで発展! 意地と意地のぶつかり合い、巴も帆奈美(MEGUMI)もドン引きのフラ対決は、爆笑すること間違いなし!

はたしてフラダンスバトルに勝利するのはどちらなのか? そして、ヒロイン・オジ巴の唇を奪うのは誰だ!

第3話でひと足先にフラダンスシーンを経験していた井浦。自主練も含め、何時間も必死に練習していたという井浦は、第5話で初フラダンスシーンを迎えた松坂と三浦が、思いのほか上手かったことに嫉妬し、わりと本気で凹んでいたとか…。

フラダンスをしていたはずが、途中からバンビーノになってしまっていた三浦、衣装が“パプワくん”に似ているとスタッフからいじられる松坂。

汗だくになりながら大暴走する2人の様子に、撮影中はスタッフも笑いをこらえるのに必死!

カメラマンも笑いで手が震え、スタッフは声を出さないように口を押さえ、まさに現場は『笑ってはいけない』シリーズのような状況になっていたのだそう。

◆入れ替わり…に隠された“秘密”とは?

“入れ替わりラブコメディー”と銘打ってスタートした今作。

しかし、入れ替わった相手先…つまりオジ巴の“外身”である“田中マサオ”の魂はどこへ行ってしまったのか、そして“田中マサオ”の正体とはいったい何なのか、などが大きな疑問として残っていた。

第4話からは、マサオの妻・帆奈美(MEGUMI)、息子の優太郎(窪塚愛流)も登場し、リストラをきっかけに家族仲が悪くなっていたこと、マサオはみずから命を絶つために沖縄行きの飛行機に乗っていたことも明らかに…。

今後のマサオの魂の行方、そして巴の運命の行く末などにも注目が集まっている。

◆第5話 あらすじ

オジ巴(井浦新)が“唯月巴(麻生久美子)=蟹釜ジョー”であるという事実に、ついに気づいた高見沢春斗(三浦翔平)。そのまま熱烈にオジ巴を連れ去ってしまい、ひとりアパートに取り残された桃地のぞむ(松坂桃李)は、ぼう然とする。

巴と高見沢が元夫婦だったこと、しかもお互い嫌いになって別れたわけではないこと…もわかってしまい、桃地は初めて、自分の心の中に“もんもん”とした感情を覚える。

翌日、高見沢は“蟹釜ジョーが生きている”と世の中に公表すべきだと息巻くが、『週刊少年マキシマム』の編集長・生馬忠士(角田貴志)らは全く信じようとしない。さらに、高見沢の熱烈な愛はとどまることを知らず、ついには休日にはオジ巴を“復縁デート”に誘いだし…?

一方、『スーパーゆめはな』でも、オジ巴と高見沢のことが気になり、奇怪な行動を繰り返してしまう桃地。常軌を逸した桃地の様子を心配した、郷田ひと子(猫背椿)ら仲間たちに、その気持ちは“嫉妬”だと指摘され、“本気で好きなら諦めるな”と背中を押された桃地は、なんと高見沢に堂々とライバル宣言する!

「もともと俺の妻だった。これ以上、巴に近づくな」

「イヤです。いまは…僕のものです――!」

ついに、オジ巴を巡り、地獄の三角関係バトルが幕を開ける…!

人生初めての“やきもち”に、戸惑い、翻弄される桃地。

元夫でもある高見沢は、強敵として立ちはだかり、ついにはフラダンス対決にまで発展!?

ありのままの君でいい、それなのに――。

果たして、恋の三角関係の行方は…!

※番組情報:金曜ナイトドラマ『あのときキスしておけば』第5話
2021年5月28日(金)よる11:15~深夜0:15、テレビ朝日系24局(一部地域で放送時間が異なります)

※『あのときキスしておけば』最新回は、TVerにて無料配信中!

※過去回は、動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」で配信中!

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事