テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

花澤香菜も「エモい気持ち」に!エヴァ世代vs現代のアニソンランキングベスト20を発表

社会現象にもなった『新世紀エヴァンゲリオン』が生まれた1995年に日本を席巻したアニソンブーム。あれから25年、新たなアニソンブームの波が押し寄せ、若い世代を中心に人々の心を掴んでいる。

そんななか、3月25日(木)にテレビ朝日系で時代を超えた熱きアニソンバトル、『2021vs1995~2000 アニソンバトルBEST20』が開催される。

オリコンやカラオケDAM、伝説のアニソン専門ラジオ番組『SOMETHING DREAMS マルチメディアカウントダウン』(通称:ドリカン)などの協力のもと、2021年と1995~2000年それぞれに焦点を当て、両時代のヒット・アニソンBEST20を決定。気になるランキングを20位から順番に、発表していく。

アニメやアニソンのファンならずとも一度は聴いたことのある曲や思い出の曲が次々と飛び出す同番組。番組を取り仕切るMCにも、スペシャルな面々が勢揃いした

「アニソンやアニメの影響を受けまくってバンドを組んだり、バスケをしたり、『騎手になる!』とも言っていました」というウエンツ瑛士、「コロナの自粛期間中もほとんどアニメしか見ていなかった」というせいや&アニソン好きで有名な粗品のコンビ・霜降り明星、そして『鬼滅の刃』や『PSYCHO-PASS サイコパス』など話題のアニメに多数出演し、アニソン歌手としても大人気の声優・花澤香菜が大集合。アニソン&アニメ愛を爆発させながら、番組に臨む。

◆豪華アーティストたちが生歌唱!

番組ではランキング発表だけでなく、粗品も「皆さん、とんでもなかった!」と大興奮した「豪華アーティストによる生アニソン歌唱」や「超貴重なアニソン関連映像」、アニソン通も絶対にうなる「知られざるアニソン豆知識」も大放出。

収録を終えたMC陣は「曲が流れた瞬間、歌詞もアニメの内容も、それに付随する学校の思い出も全部思い出すことができて、素敵な番組だなと思いました」(ウエンツ)、「本気で『アニメを見たい!』と思いました」(せいや)、「無限にできる番組!」(粗品)、「すごいエモい気持ちになった!」(花澤)と、声高らかにコメントした。

◆MC陣の個人的No.1を特別告白!

今回、何と言っても気になるのは番組独自のランキング結果。もちろんどの曲が何位に入っているかはまだ秘密だが、ひと足先にワクワク感を味わってもらうべく、収録を終えたMC陣に「ランクインした曲のなかでの個人的No.1」を調査。

するとウエンツは「『るろうに剣心』の『1/3の純情な感情』(SIAM SHADE)」、せいやは「『炎炎ノ消防隊』の『インフェルノ』(Mrs. GREEN APPLE)」を挙げる。

さらに粗品は「『BEASTARS』の『怪物』(YOASOBI)」、花澤は「『ポケットモンスター』の『めざせポケモンマスター』(松本梨香)」をセレクトした。

はたして彼らが個人的に選んだアニソンは番組ランキングでは何位に食い込んだのか。そして出演者も発表された瞬間に「うわ~っ!」とどよめいた、2021年と1995~2000年の第1位にそれぞれ輝くアニソンとは。

◆『後夜祭』を生配信!

さらに、番組放送同日の午後9時30分からは連動配信イベント『みんなで歌おう!2021vs1995〜2000アニソンバトル 後夜祭』をテレ朝動画にて生配信で開催することが決定。

アニソンやYouTubeでも人気のゲストを招き、番組では発表できなかったランキングベスト21~40位を発表する。

◆ウエンツ瑛士 コメント(全文)

――まずは収録の感想を教えてください。

MCに決まったときは「花澤香菜さんと霜降り明星さんと一緒にMCをやれるんだ!」と、うれしくなりました。と同時に、『2021vs1995~2000』というタイトルを見て「自分ってもう古い側の世代になったんだな」と実感しましたね(笑)。

収録中はランクインした曲が流れた瞬間、歌詞もアニメの内容も、それに付随する学校の思い出も全部思い出すことができて、素敵な番組だなと思いました。

――今回ランクインした曲のなかで、個人的なNo.1アニソンは?

『るろうに剣心』の『1/3の純情な感情』(SIAM SHADE)です。当時はSIAM SHADEさんやGLAYさん、L’Arc-en-Cielさんなど人気バンドもアニソンを手がけられていたので、それがきっかけとなって学園祭でバンドを組むのがブームになっていて…。アニメが子どもたちの人生を変えるほどのムーブメントを作っていた印象が強いんです。

僕も当時、中学生だったんですけど、アニソンやアニメの影響を受けまくってバンドを組んでベースを担当しましたし、『SLAM DUNK』の影響でバスケもやりましたし、『みどりのマキバオー』を見て「騎手になる!」とも言っていました(笑)。

――視聴者にメッセージをお願いします。

僕ら出演者は2021年と1995~2000年の第1位を予想してフリップに書いた上でランキング結果を見守っていったんですけど、ぜひ皆さんにもそうやって楽しんでほしいです。親世代と子ども世代が一緒になって盛り上がれる内容なので、ぜひ家族で楽しんでもらいたいな、と思います。

◆せいや(霜降り明星) コメント(全文)

――まずは収録の感想を教えてください。

僕はコロナの自粛期間中もほとんどアニメしか見ていなかったんですよ。最近は新しいアニメを見ていたんですけど、もちろん昔のアニメも好きですし、今回ランクインしたアニソンはほぼ全部知っていたので楽しかったです。

収録しながら、本気で「アニメを見たい!」と思いました。昔のアニメも新しいアニメも、もっともっと見ていきたいです!

――今回ランクインした曲のなかで、個人的なNo.1アニソンは?

『炎炎ノ消防隊』の『インフェルノ』(Mrs. GREEN APPLE)はマジでシビれますね! 少年ジャンプ系のアニメは全部見てますけど、なかでも『インフェルノ』は久しぶりにグッときたアニソンです。絶対飛ばさんオープニングから引き込まれて、最後まで聴きたくなる! アニメの世界観にピッタリですし、熱い曲ですね!

今日もあらためて「すげぇなぁ!」と、胸が熱くなりました。今も燃えてます(笑)。

――視聴者にメッセージをお願いします。

皆さんに今から宣言しておきます。ヒノカミ神楽(※『鬼滅の刃』の主人公・竈門炭治郎が父から受け継いだ厄払いの神楽と、それを舞うための呼吸法)が出ます! 素晴らしい映像で見ることができますし、必見です!!

◆粗品(霜降り明星) コメント(全文)

――まずは収録の感想を教えてください。

今回は時間の都合で1~20位だけ紹介しましたけど、これはホンマに1000位まで発表という形でも全然成り立つし、無限にできる番組やと思いました!

スタジオでのアニソン生歌唱もぜいたくで、歌ってくださった皆さん、とんでもなかったですね! ご本人による歌唱はもちろん、カバーして歌ってくださったアーティストの方々もすごい仕上げてきてくださっていて、めちゃくちゃ楽しかったです。

――今回ランクインした曲のなかで、個人的なNo.1アニソンは?

『BEASTARS』の『怪物』(YOASOBI)ですかね。あの曲はエグいなぁ…。Ayaseさんは本当にスゴいですね…。実はあの曲、2回目のサビのキーがサビに聴こえへんくらい、めっちゃ低いんですよ。しかも、ものすごい回数、転調する曲なんですが、めちゃくちゃいいんですね! ミュージックビデオも曲と合っていて、最高です!

――視聴者にメッセージをお願いします。

まず、ランキングの算出方法に番組のオリジナリティーがあるんです。CDの売上ランキングや、カラオケのランキングなど、いろんな集計を総合したランキングになっているので、ベタな曲はもちろん、「あ、この曲が入ってくるんや…!」みたいなおもしろさもあります。

あと、地上波初公開の映像や秘蔵ライブ映像など、貴重な映像もいっぱい放送される! 収録しながら「この番組、すごい頑張ったなぁ!」と思いました。皆さんもぜひ、貴重な映像とともに音楽を楽しんでほしいな、と思います。

◆花澤香菜 コメント(全文)

――まずは収録の感想を教えてください。

私もアニソンを歌わせていただいていますが、やっぱり往年の曲は馴染みのある曲ばかり! しかも、それを大御所の声優さんが歌ってらっしゃることも多く、今回あらためて「こういう先輩方がいてくださったから、今があるんだなぁ」と、感慨深い気持ちになりました。

あと、スタジオでのアニソン生ライブも最高でした! アニソン歌手の皆さんのすごさをあらためて感じることができて、すごく楽しかったです。MCという立ち位置に関しては緊張し、汗をダラダラかいてしまいましたが(笑)、特別な体験をさせていただいて、ありがたかったです。

――今回ランクインした曲のなかで、個人的なNo.1アニソンは?

『ポケットモンスター』の『めざせポケモンマスター』(松本梨香)です。私は『ポケモン』世代ド真ん中。主人公のサトシと同じくらいの歳にアニメ放送がはじまったので、自分のことをサトシだと思いながら見てたんです(笑)。

今ちょうど、私もアニメの『ポケモン』にレギュラー出演させていただいているのですが、サトシとかけ合った瞬間「すごい! あの頃に戻った!」って感動したんですよ。そんな経験も相まって、特別な曲ですね。

――視聴者にメッセージをお願いします。

この番組に出演することが決まったときも、自分が好きだったアニソンをいろいろ聴き直したり、その当時の自分を思い返してみたりして、すごいエモい気持ちになったんです!

皆さんもきっと、自分がハマったアニソンを思い浮かべて歌ってみたりすると、懐かしさや今に続いてるものなど、いろいろ考えることがあると思います。ぜひ楽しんでいただきたいです。

※番組情報:『2021vs1995~2000 アニソンバトルBEST20
2021年3月25日(木)午後6:45~午後9:48、テレビ朝日系24局(※一部地域を除く)

※配信概要:『みんなで歌おう!2021vs1995〜2000アニソンバトル 後夜祭』
2021年3月25日(木)午後9:30~午後11:00、テレ朝動画にて配信予定

※配信チケットはこちらにて販売!(Go Toイベント割引適用後価格2,000円(税込)※定価2,500円(税込))
(※チケット販売期間:2021年3月19日(金)午後5:00〜4月4日(日)午後11:59まで)
(※アーカイブ期間:2021年3月26日(金)午後1:00〜4月5日(月)午後11:59)

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事