テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

誘拐事件が思ってもみない方向に…特命係が解き明かす意外すぎるカラクリ

2月17日(水)、『相棒 season19』第16話「人生ゲーム」が放送される。

偶然交番の前で出会った少年から、安村剛(今野浩喜)と大槻健太(西興一朗)という2人の男性が少年の誘拐を企てていたと聞いた右京(水谷豊)と亘(反町隆史)。

捜査一課の伊丹(川原和久)たちにも協力をあおぎ、安村と大槻の身辺を探りはじめる。

さらに、安村の過去を調べた右京は、彼が友人の借金を肩代わりして姿を消していたこともわかり…?

◆第16話あらすじ

激安で知られるスーパーコミネの社長・小峰裕司(鎌倉太郎)の息子・翔太(加藤憲史郎)が誘拐され、身代金1億円が要求される。犯人から「警察に通報したら息子の命はない」と告げられた裕司は、警察に知らせることなく、現金を用意し…。

時を同じくして、杉下右京(水谷豊)と冠城亘(反町隆史)は交番の前でウロウロしていた、顔にアザのある少年・影山将(山城琉飛)と出会う。何かあったのかと尋ねる右京たちに、将は「僕のことより、友だちを助けてほしい」と懇願!

安村剛(今野浩喜)と大槻健太(西興一朗)の2人が、翔太の誘拐を企てていたという将の言葉を信じ、右京と亘は捜査一課の伊丹憲一(川原和久)、芹沢慶二(山中崇史)、出雲麗音(篠原ゆき子)も動員して2人の身辺を探りはじめる。

亘が小峰の家を訪れ、それとなく翔太の誘拐が事実かを確認するものの、裕司はそれを頑なに否定。裕司には警察に連絡できない、何か大きな事情があるのではないかと考えた亘は、激安スーパーコミネの本社を訪問し、社員から事情を聞こうと…。

一方、右京は安村に接近。さらに近所の人にも話を聞き、彼が優秀な和菓子職人だったこと、そして「ケンちゃん」と呼ばれる友人の借金を肩代わりして、夜逃げ同然に姿を消していたことを知るが――――事件は思ってもみない方向に動き出す!人生をかけた”ゲーム”の結末とは!?

※番組情報:『相棒 season19』第16話「人生ゲーム」

2021年2月17日(水)午後9:00〜午後9:54、テレビ朝日系24局

※『相棒 season19』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※過去回は、動画配信プラットフォーム「テラサ」で配信中

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事