テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

生田斗真、ジュエリー鑑定に開眼!“宝石目利きクイズ”で活躍も、なぜか罰ゲームで“変顔”に

オトナ顔負けの知識やスゴイ才能を携えた子どもたちが、“博士ちゃん(=先生役)”として出演し、世界でひとつだけのオモシロ授業を行う大好評バラエティサンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃん

1月16日(土)の放送に、新ドラマ『書けないッ!? ~脚本家 吉丸圭佑の筋書きのない生活~』に主演する生田斗真が登場。人気企画「子どもの出す問題に答えられなきゃ赤っ恥!悪魔の3択」の“宝石目利きクイズ”に挑む。

◆生田斗真がジュエリー鑑定に開眼

この「子どもの出す問題に答えられなきゃ赤っ恥!悪魔の3択」は、博士ちゃんが“ブラック博士ちゃん”となって“イジワル3択クイズ”を出題。不正解だとアプリで変顔にされてしまうという、恥ずかしいお仕置きが待ち受けている。

今回、ブラック博士ちゃん役に就任したのは、宝石に詳しい田中丈琉(たける)くん(8歳)。東京・御徒町で宝石店を営む父のもとに生まれた丈琉くんは物心ついたころから宝石が大好きで、毎日、宝石専門の辞書で世界中の宝石について勉強しているのだとか。そんな丈琉くんがナビゲーター役のコウモリ(声/カミナリ・石田たくみ)とタッグを組んで、もっとも高価な宝石を当てる目利きクイズを出題する。

まずは、3つの宝石のなかから、200万円の価値があるダイヤモンドを当てる難問をスタジオのオトナたちに放った、丈琉くん。正解の天然ダイヤモンド以外の2つは人工的につくられたものだというのだが、目利きに挑戦した芦田は「…わからないです」「この問題、難しいです…」と戸惑いまくり

その後、バトンタッチした生田は鑑定ルーペを使って、じっくり宝石を観察。悩みながらも、「こちらの方が、きらめきが細かい」「これは人工的でキラキラしすぎな気がします」などと分析を重ねる。

さらに、500万円の価値のある“幻の宝石”を当てるクイズでも、生田は「キレイすぎる感じがする」「これだけ雰囲気が違う」と、審美眼を働かせて大活躍。このコーナーはじまって以来の衝撃展開をもたらし、「スゴイ!!」とサンドウィッチマン&芦田をうならせる。

ところが、こんなにも大活躍したのに、なぜか罰ゲームで生田が“変顔”に変えられてしまうハプニングが発生する

◆“調味料博士ちゃん”がまたまた登場

このほか、2020年番組に登場した“調味料博士ちゃん”竹田かるぃーとくん(小学6年生)が、またまた登場する。彼は300種類もの世界の調味料を知り尽くし、身近な料理の味を劇的においしく変身させる達人だ

今回は、以前出演した際に大反響をよんだチュニジアの調味料“ハリッサ”の新しい食べ方を提案するほか、卵かけごはんを絶品に変える万能調味料、ポテトサラダにかけるとビシッと味が決まる伝統調味料、バニラアイスにかけると止まらなくなる謎の調味料などを紹介。スタジオのサンドウィッチマンと芦田も、博士ちゃんおススメの味わいに「やみつきになるのわかる~!」「止まらねぇよ!」と、どハマリしてしまう。

さらに、「オムライスの味がなかなか決まらない」と困っている阿佐ヶ谷姉妹の悩みを、かるぃーとくんが解決。ケチャップのかわりに使うと、オムライスが名店の味に激変する調味料を紹介する。

※番組情報:『サンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃん
2021年1月16日(土)午後6:56~午後8:00、テレビ朝日系24局

※『サンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃん』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※過去回は、動画配信プラットフォーム「テラサ」で配信中

※『未来をここからプロジェクト WEEK
2021年1月11日(月)~1月17日(日)

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事