テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

弘中綾香アナ、大焦り!“うっかり発言”で生田斗真がイラッ!

“激レア”な体験を実際にした「激レアさん」をスタジオに集め、その体験談を紐解いていく番組『激レアさんを連れてきた。』。

1月11日(月)の放送では、生田斗真とSHELLYをゲストに迎え、“マジック大好きなのにとんでもない秘境で育ったがゆえ、ネタも道具もすべて独学で自作していったら最終的に世界一のマジシャンになっちゃった人”ことハラさんを紹介する。

実はハラさんは、これまでにも若林やゲストのSHELLYと共演経験がある人物。今回“激レアさん”として登場することになったのは、オードリーがMCを務める番組に出た際、世界一になった話をしたら若林に「激レアさんに出なよ」と言われたのがきっかけだという

そんなハラさんの経歴はとにかく華やか。2009年、18歳で世界中の若手マジシャンの登竜門「マジックセミナー・ティーンズ・コンテスト」で日本人初優勝を飾り、その後、マジックの本場ラスベガスで「S.A.M世界大会」優勝、人気オーディション番組『America’s got talent』に出演、さらに世界25か国以上のショーにもゲスト出演し、2020年には30歳で、世界的マジシャンのでビッド・カッパーフィールドも受賞したマジック界のアカでミー賞「マーリンアワード」“Most Creative Illusionist”を受賞。現在は”イリュージョニスト”と名乗っている。

マジック業界でハラさんがどんな存在かというと、“マジック界の野生児”だという。その理由は生まれ育った場所にある。96%を山林が占める奈良県の「十津川村」で育った超野生児なのだ。なんとお笑いコンビ・ニューヨークの屋敷はハラさんと高校の同級生で、「あんな何もない地元から、世界一なんて凄すぎ」と語る。

さらにハラさんはマジック道具もネタもすべて手作り。手品師のマギー審司によると、「普通は弟子入りするのに全部独学はスゴイ!」と証言する。

マジック道具もなけりゃ、師匠もいない山奥の秘境からどうやって世界一まで上り詰めたのか。

真剣に紹介する弘中綾香アナウンサーは、「この話を聞き終わった後は、自分が成功してないのは、環境のせいにしちゃダメだと強く思うと思います!」と力説。

しかし、ゲストの生田に「そう思ってるんですね。あいつまだまだだなって」と詰め寄られ、タジタジとなる場面も。

番組情報:『激レアさんを連れてきた。
2021年1月11日(月)午後11:15~深夜0:15、テレビ朝日系24局(※⼀部地域を除く)
※『激レアさんを連れてきた。』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)
※過去回は、動画配信プラットフォーム「テラサ」で配信中

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事