テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

所ジョージ「毎週やりたい」若い人ほど正解率が高いとされる問題で、出演者一同大盛り上がり

お正月を迎えるたびに感じる時代の移り変わりをいろんな角度から楽しむ、新年のはじまりにふさわしい新番組『おしょうバズTV』

1月1日(金)に放送する同番組では、クイズ番組ではないが途中クイズも出題され、正解すれば1問10ポイントを獲得。もっとも成績がよかった上位3人には、お年玉も。番組MCは、所ジョージとバナナマンが務める。

まずは、昔はどの家にもあったのに、いつの間にか消えてしまった「家電&日用品」や、いつの間にか聞かなくなった「音」を、クイズ形式で紹介していく。

「家電&日用品」では、かつては当たり前に使っていたはずのラジカセや花柄の鍋など、懐かしい物が続々登場。これに井森美幸は「ほとんど知ってる!」、横山裕(関ジャニ∞)は「花柄の鍋、うちのみたい!」と興奮する

また「音」では、かつてよく耳にしていたり、よく使っていた物の音が出題されるも、思い出せないなど苦戦。吉村崇(平成ノブシコブシ)は「(賞金)5万円の問題じゃない!」と訴える場面も。

◆「クイズ!これって今の?昔の?」

商品パッケージやロゴが現在使われているものか、はたまた今は使われていない古いものなのか当てるクイズを出題。

若い人ほど正解率が高いとされるこの問題、間違えると「頭のなかが、昔のまま止まってる」ことに。

グリーンガムやベビースター、かっぱえびせんなどお菓子の商品パッケージや企業ロゴ、キャラクターなど、見慣れているはずのパッケージが続々登場するも、設楽が「意外と見てるようで見てないんだね」と言うように、意外にも迷ってしまう

これには出演者一同「おもしろい!」と大盛り上がりで、所も「毎週やりたい」と言うほど。

◆かつてワイドショーを席巻した“人気者”の現在を追う

その他にも、「10代の若者が衝撃!今や信じられない昭和平成の常識ランキング」「若者認知度調査(1) 最近聞かなくなった言葉・問題編」「クイズ!昔の答えは何だっけ?」や、変化し続ける東京の街の風景のなかで、いつの間にか見なくなったものを石原良純が大調査する「東京の街から消えたもの…大捜索」、かつてワイドショーを席巻した“人気者”の現在の姿を追う「ワイドショーを賑わせたアレ、今どうなってる?」、往年のスラッガーたちは今でもホームランを打てるのかを検証する「引退してもホームランは出るか!?クイズ・問題編」などをお届けする。

中高年には懐かしい、そして若者には新しい情報の数々に、スタジオは終始大盛り上がり。所は番組の最後には「もうVTR終わり!? 楽しかった!」と惜しんでいた。

※番組情報:『おしょうバズTV』
2021年1月1日(金) 正午~ 午後4:30、テレビ朝日・ABC系24局

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事