テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

『相棒』史上初、現実と仮想の世界を行き来!右京(水谷豊)が、前代未聞の事態に挑む

2020年、ドラマ誕生20周年という大きな節目の年を迎える相棒

その幕開けとなる初回拡大スペシャル「プレゼンス」を、10月14日(水)に放送する。

『相棒』史上初となる“VR=仮想現実”の世界をテーマにした「プレゼンス」。現実世界と“VR=仮想現実”の世界がクロスオーバーしながら、特命係の杉下右京(水谷豊)と冠城亘(反町隆史)が事件の真相究明に立ち向かっていく、というまったく新しい展開を繰り広げる。

ある事情から、白バイ警官の出雲麗音(篠原ゆき子)が銃撃された事件を捜査しはじめた特命係の右京と亘。その矢先、万津幸矢(櫻井圭佑)という男性が転落死する。

生前、幸矢が暴力団組員相手に白バイ警官銃撃をほのめかしていたことが判明。両者の関係を調べるなか、幸矢が「ネオ・ジパング」と呼ばれる謎の“仮想国家”の住民だったことがわかる。

その仮想国家「ネオ・ジパング」の“建国の父”は、IT長者の加西周明(石丸幹二)。「ネオ・ジパング」の存在に疑問を抱き、現実世界での事件との関連性を探りはじめた特命係はやがて、巨大な仮想国家の実態、そしてそれを築き上げた加西の思惑を知り、事件は思いもよらぬ方向へと展開していく。

現実と仮想の世界を行き来するという前代未聞の事態に、右京が挑む。

◆あらすじ

閑静な住宅街で、警視庁交通機動隊=白バイ隊員の出雲麗音(篠原ゆき子)が何者かに拳銃で撃たれる。懸命な手術の結果、一命はとりとめたもののバイクで転倒した際に右肘を複雑骨折しており、交通機動隊への復帰は不可能と宣告されてしまう。

そんな麗音のもとへ、特命係の杉下右京(水谷豊)と冠城亘(反町隆史)がやってくる。至近距離から銃撃を受けたとき人の気配はなかったのか、と当時の状況を聞き出そうとする右京たちだったが、麗音はかたくなに口を閉ざす。どうやら交通機動隊の上司から「特命係には話すな」と命じられたようで…。

その矢先、ビルの壁面をボルダリングのようによじ登っていた男が、大勢のギャラリーと警察官の面前で転落し、死亡。組織犯罪対策5課・角田六郎課長(山西惇)の調べで、その男・万津幸矢(櫻井圭佑)が広域指定暴力団『扶桑武蔵桜』の組員相手に「俺が白バイ警官を撃った」とうそぶいていたことがわかる。

白バイ隊員襲撃事件と謎の転落死――2つの事件を結びつけるカギは、IT長者・加西周明(石丸幹二)を“建国の父”とした仮想国家「ネオ・ジパング」に!? 特命係が暴き出した、恐るべき真相とは――。

※番組情報:『相棒 season19』初回拡大スペシャル「プレゼンス」
2020年10月14日(水)午後9:00〜10:24、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事