テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

miwa、お神酒を注ぐ巫女役に!“白無垢姿”の小芝風花と共演「とても光栄でした」

どん底気弱女子・目黒澪(小芝風花)が、現代でルームシェアをしている妖怪たちと出会い、その自由で何にも縛られない姿に感化され、たくましく成長していく姿を描くホラーコメディー『妖怪シェアハウス』。

本作の主題歌『DAITAN!』を歌うmiwaが、9月19日(土)放送の『妖怪シェアハウス』最終怪にカメオ出演することが決定した。

実は以前、撮影現場にmiwaが表敬訪問をした際、主演の小芝から「miwaさんにぜひ、この作品に出ていただきたくて!」というお願いが。そんな小芝の熱烈ラブコールがこの度実現。最終怪のある重要なシーンで、お神酒を注ぐ巫女役となり小芝とも共演することに

これまでも映画『マエストロ!』や『君と100回目の恋』、ドラマ『紅白が生まれた日』『民王』(すべて2015)に出演経験があるmiwa。数年ぶりの演技に緊張しながらも、見事に演じた。

◆ついにクライマックス!最終怪で白無垢姿の澪が登場

人に言いたいことも言えず、空気ばかり読んで窮屈に生きていた澪は、クズの元彼やセクハラ&パワハラ上司などなど数々のどん底を味わって生きてきたが、妖怪たちの助けを借りながら苦難を乗り越え、その度に強くなり、心身ともにどんどん変化してきた。そんな澪が、最終怪でなんと、幸せいっぱいの白無垢姿を披露する

第六怪では、澪の上司・原島(大東駿介)への恋と失恋、そして、これまで当たりの強かった神主の水岡(味方良介)が実は澪への思いを抱いていることが描かれた。最終怪で澪は、原島と水岡、一体どちらを選ぶのか。

そして、妖怪たちとシェアハウスで過ごすうちに、どんどん澪自身の妖怪化が進んでいき、頻繁に角が生えるようになっただけでなく、妖怪たちのテレパシーでの会話も聞こえるまでになってしまう。この澪の状況を知った水岡の父・衛(福田転球)は、妖怪化を止める唯一の方法を告げるが、それを聞いた澪はこれまでにない苦悩を抱える。

◆miwa コメント

放送をとても楽しく拝見しています。脚本を読んで主題歌の『DAITAN!』を作ったので、物語の様子は知っていたものの、実際映像で観るとより楽しくて、声に出して笑って観ています。そんな素敵なみなさんに混ざって今回、巫女さんの役で最終怪に出させていただけて、とても光栄でした。

こういった現場は久しぶりだったので、ものすごく緊張して、お神酒を注ぐだけでいっぱいいっぱいだったんですけど(笑)、どんな感じになるのかドキドキしながら最終回まで楽しく観させていただきます!

※番組情報:土曜ナイトドラマ『妖怪シェアハウス』最終怪
2020年9月19日(土)よる11:15~0:05、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事