テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

鴨志田(伊東四朗)、京都出張でモテ期到来!『ラスト サムライ』のレジェンドも登場 <おかしな刑事 京都スペシャル2>

たたき上げの刑事・鴨志田新一(伊東四朗)と、エリート警視の娘・岡崎真実(羽田美智子)という、“凸凹父娘コンビ”の活躍を描く『おかしな刑事』シリーズ。

東京の下町、北区王子を舞台に描いてきた本作だが、京都で撮影した『京都スペシャル』の第2弾を9月20日(日)に放送する。

今回の『京都スペシャル』第2弾は、鴨志田にまたまた映画出演のオファーが舞い込んだところからはじまる。

実は、鴨志田は『京都スペシャル』の第1弾で東映太秦映画村を訪れた際、“怖い顔つき”を監督に気に入られて役者デビューをはたしたが、今回、またその悪人面を見込まれて出演を要請される

京都を訪れた鴨志田は、撮影所で知り合った能面師・中川光枝(多岐川裕美)にモデルを頼まれるほか、大女優に迫られたり、旅館女将・夏井寧子(あめくみちこ)から焼きもちを焼かれたりと、いつになくモテモテに

時を同じくして、真実も仕事で京都へ。真実は、京都近郊ののどかな村で村長を務めるイケメン・吉田謙太郎(前川泰之)と“いい感じ”になるが、その村で大手ゼネコン社員が転落死。吉田に殺人疑惑がかかる。

ほのかな恋心を感じていた真実は彼の無実を証明するため、そして鴨志田は娘の恋を後押しするため真相を探りはじめる。

◆豪華ゲスト&名バイプレーヤーが集結

本作には、能面師・中川光枝役で多岐川裕美、真実と恋に落ちる若き村長・吉田謙太郎役で前川泰之がゲスト出演。

また、『京都スペシャル』第1弾から引き続き、姉小路家の伯母・姉小路和子役の松金よね子、旅館女将・夏井寧子役のあめくみちこ、鴨川東署刑事・柏木恒役の加藤虎之介が登場。いつものシリーズとはひと味違う、京都でのレギュラーメンバーとして、名バイプレーヤーたちが『おかしな刑事』の“もうひとつの世界”を彩る。

今回も、監督とキャストが京都・太秦にある東映京都撮影所を訪れ、現地の熟練スタッフと組んで撮影を実施。物語の舞台が撮影所であるため、なかなか見ることができない、映画&ドラマ制作の裏側を垣間見ることができる。

そして本作で忘れてはならないのが、東映京都撮影所のレジェンド・福本清三の出演。50年以上に渡って、“斬られ役”や“殺され役”を演じ、“5万回斬られた男”とよばれる福本は、ハリウッド映画『ラスト サムライ』にも出演をはたし、その存在感が世界に絶賛された。そんな福本が本人役で、チラリ出演。 “日本一の斬られ役”の凄みを見せる。

※番組情報:『おかしな刑事 京都スペシャル2』
2020年9月20日(日)午後9:00~午後10:54、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事