テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

木村文乃、テレ朝の連ドラで初主演!広瀬アリス、菜々緒らと秘書に!「感謝と興奮と緊張で…」

2020年、急激な大不況の波に襲われ、超格差時代へと突入した日本。先の見通しが立たない状況下で、政治家や財界、企業のトップは誰しも道の示し方に迷っていた。

そんなリーダー不在の日本社会の裏で暗躍する、“影の軍団”を描いた新時代の痛快ドラマ『七人の秘書』が、テレビ朝日の10月クール木曜ドラマ枠に誕生する。

世のなかで本当に誰かのために活躍しているのは、政治家でも財界や企業のトップでもない。理不尽だらけの日本社会を裏で操り変えてゆく、“影の軍団”の暗躍を描く、今までにない痛快な物語『七人の秘書』。

“影の軍団”の正体は、銀行や警視庁、大学病院、都庁のトップ=要人に仕え、組織に溶け込み、目立たぬことを極意とする名もなき「秘書」たちと、その元締めとなる「影の男」だ。

表の仕事を忠実に務める一方、裏で密かに集められた秘書たちが副業として請け負うのは「人助け」。理不尽な目に遭う社会の弱者を救い出すべく、ずば抜けたスキルや膨大な極秘情報とネットワークを駆使し、見事なまでに“裏仕事”をこなしていく。

ときには警察や法律で裁くことのできない理不尽さえも駆逐し、金や権力にまみれた非情な支配者たちを一掃。誰も気付かないうちにことを解決する。

◆木村文乃、テレビ朝日の連ドラ初主演

「名乗るほどの者ではございません」と、普段は各分野の要人たちを影で支える名もなき存在ながら、裏では逆にその要人を操るという秘書役には、今をときめく超豪華女優陣が集結。

銀行の常務秘書を務める主人公・望月千代を演じるのは、本作がテレビ朝日の連続ドラマ初主演となる木村文乃。数々の映画やドラマに加え、大河ドラマ『麒麟がくる』など幅広い作品で活躍を見せる木村が、次々と理不尽なできごとに見舞われ、世の不公平に憤りを感じている千代に息を吹き込んでいく。

そんな千代と同じ銀行で働くおっとりした頭取秘書・照井七菜役には、朝ドラ『わろてんか』で主人公のライバルを好演し、女優として多数の話題作に出演する一方、バラエティ番組にも引っ張りだこの広瀬アリス。

また、警視庁の警務部長秘書・長谷不二子を演じるのは、テレビ朝日系ドラマ『BG~身辺警護人~』でのボディーガード・菅沼まゆ役の好演が記憶に新しい菜々緒。

大学病院の病院長秘書・朴四朗(パク・サラン)役は、日韓で活動中のシム・ウンギョン。映画『新聞記者』で第43回「日本アカデミー賞」最優秀主演女優賞に輝いた実力派が日本の連続ドラマ初出演をはたす。

さらに、ホテルオーナーの令嬢でありながら都知事の秘書を務める風間三和を演じるのは大島優子。朝ドラ『スカーレット』など数々のドラマや映画で幅広い役を演じ、演技力に定評のある大島が、明るいけれど人知れず闇を抱える役柄に挑戦する。

さらに、秘書たちとともに悪を斬る家政婦・鰐淵五月役に室井滋、そして、秘書軍団が夜な夜な集うラーメン店の店主で、彼女たちの裏稼業の元締め・萬敬太郎役には江口洋介が決定した。

◆名手・中園氏が再び“強い女性”を描く

脚本を手掛けるのは、『ドクターX~外科医・大門未知子~』シリーズをはじめ『ハケンの品格』『ナサケの女〜国税局査察官〜』など、数々のヒットドラマを生み出してきた脚本家・中園ミホ氏。

権力にひれ伏すことなく、信念を持って強く生きる女性を描く名手・中園氏が、本作でも弱きを助け、強きをくじく、影の最強・秘書軍団を生き生きと描く。

◆木村文乃(望月千代 役)コメント

中園ミホさん脚本&内山聖子エグゼクティブプロデューサーという、言わずもがなの最強コンビとお仕事をさせていただけるなんてと、感謝と興奮と緊張でわくわくしています。

守秘義務を守り通し、リクエストに忠実に動き、仕事終わりのご褒美もたまに。完璧な仕事をこなす秘書という仕事の表と裏の顔を、素敵かつ力強いキャストの皆さんと個性豊かにお見せしていけるよう、にぎやかに一致団結して頑張ります!

◆広瀬アリス(照井七菜 役)コメント

秘書というと影で人を支えるイメージですが、今回は主役。そして、秘書だからこそできることが沢山あるところに面白さを感じました。女性たちがテキパキとかっこよく悪を裁く姿を早く見てみたいです。

私が演じる照井七菜はとても不器用で純粋な子です。同じ秘書でもこれだけ違うのか、と(笑)。登場する秘書みんなに個性があるので、現場で会話のやりとり(お芝居)をしたら楽しいだろうなとワクワクしています。

視聴者の方と同じ目線に立つことができる役だと思っているので、大事に演じたいです。

◆菜々緒(長谷不二子 役)コメント

才能をもつ7人が集い、それぞれが手腕を振るってカバーし合いながら華麗にミッションをこなしていくところがおもしろいと思いました。テンポよく、見た後に爽快な気分になれる作品だと感じました。

私が演じる不二子は、警察組織という男社会のなかで、男性以上に努力したが性差別の壁を越えられずに挫折し、「強くなりたい。本当は男に生まれればよかった」と思っている女性。

私もそういう思いを抱えてきたことがあるので、ジェンダーレスな時代だからこそ、不二子のような女性、人間を通して、少しでも何か伝えていけるものがあればうれしいな、と思っています。

◆シム・ウンギョン(朴 四朗 <パク・サラン>役)コメント

企画書を頂いたときに、この7人はどんな予想外の方法で事件を解決していくのかな、と色々な妄想が膨らみました。とくに同世代の女性たちが、力を合わせてトラブルに立ち向かっていく様子にワクワクしています。

日本語以外にもいろいろな宿題を頑張らないといけないのですが、ほかの秘書の方たちといいチームになれるように、そして、この作品の世界観にきちんと入っていけるように頑張ります。

日本では、はじめて連ドラに出演するので緊張していますが、キャストの皆さんにお会いするのが本当に楽しみです。あまり緊張しすぎないように、心の準備をしないといけないですね(笑)。

◆大島優子(風間三和 役)コメント

台本を読んで、ストーリーが進むと同時に気持ちが高まっていきました。世界では秘密裏に何かが起きているというのはスリルがあってドキドキしますし、その巧みな活動シーンが毎回の楽しみになりそうです。1話からトレーニングの必要なシーンがある(!?)と伺ったので、心身共にブラッシュアップしていきたいと思います。

表では忠実に、裏では見事な仕事ぶりで誰かのために問題を解決するさまが痛快で、今からチームに入れる日が待ち遠しいです。秘書の皆さんに会えるのが楽しみで仕方ありません!

チームみんなでこの状況を乗り越え、視聴者の皆さんに楽しんでいただけるよう努めたいと思います。

◆室井 滋(鰐淵五月 役)コメント

生き辛い世のなかになって行くと誰もが感じる日々のなか、悪党らにメスを入れるストーリーが気分いいですね。しかも眉目麗しき秘書たちにやられちゃうのが痛快! 日常のモヤモヤに悩む人々の清涼剤になるに違いないと思います。木村文乃さんや江口洋介さんら皆さんとご一緒できるのも楽しみです。

私は、過去の重たい秘密を抱え、一線から退いた女性を演じます。酸いも甘いも噛み分けた熟年女性の鋭い知恵や、ときにはその哀しさをコミカルに表現できたらと思います。家政婦としての力量も出さねばならないので、今は日々“掃除・洗濯・料理”に励んでいますよ(お陰で我が家はピカピカ!)。

◆江口洋介(萬 敬太郎 役)コメント

理不尽なこの現代社会に立ち向かい、裏からあらゆる手を使い社会を動かしていく、秘書軍団の元締めであり、影の仕事人・萬敬太郎を演じます。ラーメン屋店主でありながら司法書士の肩書きをもち、秘書たち女性軍を、逆紅一点でまとめます。

生き抜いていくのに大変な時代だからこそ、楽しく爽快な裏稼業ドラマをスタッフ、キャストワンチームで皆さんにお届けできるよう、撮影に入るのが今から楽しみです。

※番組情報:『七人の秘書
2020年10月スタート! 【毎週木曜】午後9:00~午後9:54放送、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事