テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

博多華丸、美 少年との共演で「“年甲斐のない夏”にしたい」タイムスリップしてきた軍人役に!

人気ジャニーズJr.美 少年が連続ドラマ初主演をはたす7月期金曜ナイトドラマ『真夏の少年~19452020』。本作を彩る共演陣として、博多華丸、長谷川京子、水野美紀の出演が決定した。

『真夏の少年~19452020』は、“日本一雷が落ちる町”富室町(とみむろちょう)に暮らす高校生たちが、戦時下からタイムスリップしてきた軍人との交流から、本当の幸せ、本当の自由とは何なのかを自らに問いかけていく青春ヒューマン・コメディーだ。

◆軍人・三平三平役に博多華丸!

そんな本作のキーマンとも言える人物、現代にタイムスリップしてきた軍人・三平三平(みひら・さんぺい)を、人気お笑いコンビ博多華丸・大吉の博多華丸が熱演。バラエティ番組のみならず、ドラマや舞台、MCなど幅広い分野で八面六臂の活躍を見せる華丸が、金曜ナイトドラマに初登場する。

明治生まれの軍人で、終戦間際のグアム島で部隊からはぐれてしまい、現代にタイムスリップしてきた三平。落雷とともにやってきた富室町で高校生たちと出会い、令和2年の世界を体感した三平は、自由で平和であるはずの時代に不自由で生きづらそうにしている彼らの姿を目の当たりにする

戦時下で自由など与えられず、規制された世界のなかで生きてきた三平。そんな彼がこの令和の日本を謳歌し、誰よりも楽しむことを感じ、発する言葉。それは現代の高校生たちには新鮮に、そして真っすぐに刺さっていく。

これまでも変幻自在な表現力で常に見るものを楽しませてきた博多華丸。今作でも三平三平という人物を、魅力的で躍動感たっぷりに演じ上げる。

◆長谷川京子や水野美紀の怪演も光る

物語にも大きく関わってくる高校生たちの母親役にも、注目キャストが続々登場。

藤井直樹演じる山田明彦と、金指一世演じる和彦兄弟の母親で、富室高等学校の理事長でもある山田ゲルハルト節子を演じるのは、長谷川京子

妖艶な悪女からコメディータッチのキャラクターまで、さまざまな役柄を演じわける長谷川が、町の絶対権力者を熱演する。

富室高校の理事長職だけでなく、山田ホールディングスの社長、病院・スーパーの経営者、そして次期富室町長の候補でもある節子。しかしその本当の姿が徐々に明らかになっていき、そのことが風間竜二(岩﨑大昇)、瀬名悟(佐藤龍我)、春日篤(浮所飛貴)らの生活にも影響を及ぼす。

そして那須雄登演じる富室高校生徒会長・柴山道史の母・奈津子役には水野美紀が決定。

良家の令嬢として育った奈津子はプライドが高く、教育熱心で、道史に異常なまでの愛情と関心を注ぐ、いわゆる“モンスターペアレント”だ。過保護につぐ過保護で息子を管理した結果、道史の周りには友だちが1人もいなくなってしまい、ついには道史にまでもそっぽを向かれてしまう。

◆博多華丸(三平三平・役)コメント

戦時中からタイムスリップをしてくる軍人、という役なのですが、幸いなことに自分がもともと古風な顔なので、逆に現代人ではないという特殊な役で助かったかもしれません。福岡の作品『めんたいぴりり』などで、これまでにも何度か軍服を着た経験がありましたが、いつも軍服姿を見ると、身が引き締まる思いがしますね。

共演する美 少年の皆さんは本当にキラキラしていて、元気で…現在のところ好感しか持っていません! この夏はとても爽やかな若い皆さんと共演できるので、せっかくならば今年は“年甲斐のない夏”にしたいと思います(笑)。

戦時中の人間と現代の高校生という対比がおもしろいこの作品ですが、僕個人としては案外、演じていて、現代の高校生のほうに共感していることが多いかも知れません。「ウマイケルジャクソン」というセリフが出てくるのですが、それが印象に残っておりまして…(笑)。どこのシーンか、ぜひ放送を楽しみにしてください。

『真夏の少年』、セリフ量も多く、出番もたくさんいただけて非常に光栄です! そして実際に共演している私が感じている以上に、皆さんにも存分に美 少年の魅力を感じていただければと思います。

◆水野美紀(柴山奈津子・役)コメント

私が演じる柴山奈津子は、見た目はキチンとしているのですが、言動の端々にちょっと普通ではない感じがはみ出します。すべては息子のために、という気持ちからくる行動なのですが、少し行き過ぎてしまっている人ですね。

夫からも認められたい、という思いもプラスされ、そうなったのだろうと同じ母として想像はできますが…。そんな奈津子を、一見“普通の人”として演じようと思います。

息子の道史を演じる那須雄登さんには、初々しさとこれからどんどん磨かれていく原石の野性味、そしてナイーブそうな印象を抱きました。

『真夏の少年』は、セリフが生き生きとしてユーモラスで、ひねりも効いていてとてもおもしろいです。若いエネルギーに満ちた、一味違う青春ストーリーになると思いますので、お楽しみに!

◆長谷川京子(山田ゲルハルト節子・役)コメント

若い青年たちの青春群像劇、そこに異質なおじさんの乱入(笑)。『真夏の少年』の台本を読んだときは単純に「おもしろいな」と思いました。

そのなかで私が演じる山田ゲルハルト節子がある種の“違和感”となり、世界観がさらにふくらむような存在になれたらうれしいです。派手な装いや言動も目を引くと思いますが、周りに流されない芯のある女性をイメージして演じられたらと思っています。

息子役の藤井直樹さん、金指一世さんとはまだお会いできていないのですが、とてもかわいいお二人だと思うので、撮影でお会いするのが楽しみです。

山田ゲルハルト節子、という名前からかなり強烈な役柄ですが(笑)、大人たちにも注目して楽しんでいただけたら幸いです。

※番組情報:『真夏の少年~19452020
2020年7月31日(金)スタート! 毎週金曜 よる11:15〜0:15、テレビ朝日系24局(※一部地域で放送時間が異なります)

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事