テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

アルピー平子、千鳥にマジギレ!禁断のVTR流され、過去の“大失敗”が明らかに

毎週火曜日、千鳥が今一番やりたい企画をお届けしているバラエティ番組『テレビ千鳥』。

6月30日(火)の放送では、過去『アメトーーク!』に出演し、大スベりした芸人を呼び出し、実際の『アメトーーク!』のセット内で反省会を開いた。

傷ついたゲストとして登場したのは、アルコ&ピースの平子祐希とはんにゃ金田哲。

平子はかつて『アメトーーク!』出演時にやらかし、加地EP(エグゼクティブ・プロデューサー)にガチで説教された経験があるなど、『アメトーーク!』は因縁の番組だ。

今回もスタジオにいる加地EPを見つけると、「加地さん、そこにいるのよくないと思うんだよな」と弱気な発言を繰り出し、「どうしてもそこにいたいんだったら“ボックス”に入るとか…」と苦手意識を隠さない。

◆大悟マジ説教

反省会の最初のトークテーマは「ここを後悔しています」。それぞれが『アメトーーク!』で後悔しているシーンを見ながら、いったい何がどうダメだったのかを振り返った。

金田が挙げたのは、「神社仏閣大好き芸人」に出演したときのひとコマ。共演者に気をつかうあまり言いたいことが言えず、オープニングから中途半端になって大スベりしたそう。

「心がズタズタな状態で、耐えられなかった。もっとイケるはずなのに…」と悔しさをあらわにする金田。スベった際にどう対処したらいいのかわからず、いつも「スベってないですよ」という顔をしてしまうのが悩みだという。

これに対し、大悟は「スベったら次のトークをどう組み立てるか考えんと。スベってないアピールとかしている場合じゃない」と厳しく説教した。

◆平子、千鳥に「マジでうるさかった」

一方、平子が後悔しているのは、「もっと売れたい芸人」に出演したときのこと。

加地EPに怒られて以来、4年ぶりの『アメトーーク!』ということで緊張していた平子は、トーク中にわかりにくい“例え”を出すなど、終始空回り。ゲストで出演していた千鳥にツッコまれても、大したコメントすら返せなかった。

さらに、後輩である宮下草薙の草薙が気を遣ってプライベートを暴露した際は、「本番中ホントに傷ついちゃって、何も(言葉が)出なかった」という有り様で…。

スタジオを微妙な空気に陥れたVTRに、「これはオンエアしたらアカンかもしれん…」と苦笑いする大悟。

平子は「今見返すと、千鳥がいろいろ入ってきてくれて『助かった。ありがとう』というのが本筋かもしれないけど、そのときはあの2人マジでうるさかった」と率直な思いを明かした。

反省会では、さらに平子最大の大スベりシーンを振り返り、目を覆いたくなるほどの“惨事”が明らかに。自身の恥部をさらされた平子は「もっと手前で(VTR)を止めてもよかった!」とクレームを入れ、失敗を指摘する大悟に怒りの表情。

ノブから「すごい顔してますよ。『犯人に告ぐ』みたい」とツッコまれていた。

※反省会の全貌は、テレ朝キャッチアップにて期間限定(2020年7月7日23:45まで)で無料配信中

※番組情報:『テレビ千鳥
毎週火曜深夜0:15~、テレビ朝日系列(※一部地域を除く)
次回7月7日(火)の放送は「花冠を作りたいんじゃ!!」

新動画配信プラットフォーム「テラサ」では過去の放送回を配信中

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事