テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

仮面YouTuber・ラファエル、数千万円の損失を語る!“元陸自隊員”から上り詰めるまで

過去に大きな失敗をやらかした“しくじり先生”たちが自らのしくじった経験をさらけ出し、人生の教訓を伝授してくれる反面教師バラエティー『しくじり先生 俺みたいになるな!!』

©テレビ朝日

5月11日(月)放送の同番組では、人気YouTuber・ラファエルが登壇。「過激な動画をあげすぎてアカウント停止されちゃった先生」として授業を行う。

◆超過激動画をあげすぎてアカウント停止!

トレードマークの“グレーのパーカー”に“白い仮面”という姿で教室に現れたラファエル。

2014年に仮面で素顔を隠した“仮面YouTuber”として活動を開始、現在は唯一無二の存在としてYouTuber界に君臨し、複数の会社経営も手がけているそう。

そんなラファエルは2019年1月、突然YouTubeのアカウントが停止され、5年間かけてコツコツ増やした約240万の登録者が一瞬にしてゼロになるという“大しくじり”をやらかした。

チャンネル登録者数200万人超えのアカウント停止はめったにないことで、損失額はじつに数千万円! 新たなアカウントを軌道に乗せるまでの間、無収入生活を送るハメになったと打ち明ける。

いったいなぜアカウントが停止されてしまったのか? それは、ラファエルのあげた動画が“超過激”な違反動画ばかりだったからだ。

©テレビ朝日

YouTuberは近年、小学生の“なりたい職業ランキング”で上位に入る人気職業。

そこで今回の授業では、YouTuberを夢見る人々のチャンネルが突然停止されないための講義はもちろんのこと、ラファエルがどのような苦労を経てYouTuberとして成功をつかんだのかもたどっていく。

実は大阪の定時制高校を卒業した後、パチンコ店や飲食店で働いていたラファエル。

友人に「オレらでも国家公務員になれる」と誘われ、「じゃあオレも入るわ!」と軽いノリで陸上自衛隊に入隊したというが、そこからどのようにして人気YouTuberへと成り上がったのか。

ラファエルが歩んできた型破り人生には、さまざまな教訓が秘められていること間違いなしだ。

©テレビ朝日

また、地上波放送直後、深夜0時45分からお送りするABEMAでは、ラファエル先生の授業“完全版”と、ABEMAオリジナル企画“お笑い研究部”の新作、「世間の好感度を考える」第3弾を配信する。

※番組情報:『しくじり先生 俺みたいになるな!!
2020年5月11日(月)深夜0:15~0:45、テレビ朝日

※「ABEMA」は深夜0:45から

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事