テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

「鳥貴族」を“貴族”が集う店と勘違い!バイトの面接に行った世界的音楽家の“顛末”

“激レア”な体験を実際にした「激レアさん」をスタジオに集め、その体験談を紐解いていく番組『激レアさんを連れてきた。』

5月2日(土)の同番組では、もう一度見て欲しい「激レアオブ激レアさん」として、『世界的バイオリニストとしてずっとヨーロッパの貴族の前で演奏していたので居酒屋・鳥貴族を貴族が集まるサロンとうっかり勘違いして面接を受けてしまい、とりあえず働いていた人』こと、スミさんを紹介した。

 

◆世界的なバイオリニストが鳥貴族で働くまで

日本バイオリン界の名門・鷲見(すみ)家に生まれた今回の激レアさん“スミさん”。

14歳でニューヨークのジュリアード音楽院に留学し、世界的なバイオリンコンクールでも優勝、あのカーネギーホールでもリサイタルを開き、24歳でイタリアに渡った後も現地の貴族たちと優雅なバイオリン生活を送っていた。

バイオリン以外は知らないスミさんだが、家族の体調不良をきっかけに一時帰国。「家族に何かあったとき、自分ひとりでも生きていけるようにならなくては」と一大決心し、アルバイトをしてみることを決意する。

そんなとき、たまたまインターネットを見ていたときに目に飛び込んできたのが、あの有名焼き鳥専門居酒屋チェーン「鳥貴族」のアルバイト募集広告

ヨーロッパで貴族まみれの生活を送ってきていたスミさんは、その店名から「ここは貴族が集まるお店に違いない」「そういうお店なら、わたしもリラックスしてアルバイトができるかも」と、とんでもなく大きな勘違いをしたまま、アルバイトの面接に行ってしまう。

面接では履歴書ではなく、なぜか自分が演奏したCDとDVDをもって自己アピールをしたスミさん。“食えなくなった音楽家崩れ”と勘違いされながら、元バンドマンの店長と音楽好きという共通の話題で盛り上がり、めでたく採用となる。

ところが、そのとき引っ掛かったのが店の雰囲気だ。面接が行われたのは営業時間外ということもあって店内は薄暗く、決して貴族が集うような華やかな雰囲気ではなかった。

「おかしいな…」と一抹の不安を覚えるスミさんだったが、思い込みの強さから「店の奥にでも(貴族のサロンが)あるんだろう」と、疑うことなく鳥貴族でのアルバイト生活をスタートさせる

だが、さすがに実際に働き出すと、周りの雰囲気や会話から貴族の集まる店ではないと徐々に気づいていく。大きなきっかけとなったのは、バイト仲間とのやり取りだ。

自分の音楽活動について説明したうえで、バイト仲間に「鳥貴族で貴族の演奏会の機会がないか」を探ってみたスミさん。しかし、返ってきた反応は見当はずれなものだったため、ついに自分の勘違いであることに気づく。

しかし、スミさんのすごいところは、この後だ。貴族の集まる店ではないとわかった後も「自分で決めたことだから」と、鳥貴族スタッフとして働きつづけたのだ。

こうして世界的なバイオリニストとして演奏活動をつづけながら、お昼から夕方まで“トリキスト”として焼き鳥の仕込みをする二足のわらじを履くことになる。

©テレビ朝日

アルバイトをはじめたスミさんが担当したのは、鶏肉の仕込みやつくねのタネづくり、レバーのトリミングなど。

それまで料理などしたことがなかったそうだが、慣れない仕事に悪戦苦闘しながら、クラシック音楽好きのバイト仲間にも恵まれ、充実したバイト生活を送っていく。

しかし、アルバイトのことを内緒にしていた母親にバレたことで、家族を巻き込む大騒動に発展。さらに、演奏会とアルバイトのダブルブッキング騒動も勃発し…。

番組では、みずからの勘違いに気づいたあとも必死に鳥貴族でアルバイトをつづけるスミさんの奮闘ぶりと、その貴重な経験がおよぼしたバイオリニストとしての意外な影響についても紹介した。

番組情報:『激レアさんを連れてきた。
【毎週土曜】よる10:10~、テレビ朝日系24局(※一部地域を除く)

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事