テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

天海祐希・沢村一樹らが誘う“謎解きの世界”。GWはアガサ・クリスティの名作で酔いしれよう

家で過ごす時間が多くなる今年のGW。家で謎解きを楽しんでみるのもいいかもしれない。

動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」では、“ミステリーの女王”ことアガサ・クリスティの傑作ミステリー・ドラマを配信中。

2018年・2019年にテレビ朝日で放送されたスペシャルドラマ『パディントン発4時50分~寝台特急殺人事件~』『大女優殺人事件~鏡は横にひび割れて~』『予告殺人』の3作品を視聴できる。

©テレビ朝日

『パディントン発4時50分~寝台特急殺人事件~』で主演をつとめるのは天海祐希。『大女優殺人事件~鏡は横にひび割れて~』は沢村一樹。そして『予告殺人』は主演・沢村に、大地真央共演でお届けする。

天海は“元敏腕刑事にして危機管理のプロ”、沢村はドラマオリジナルキャラクターの切れ者刑事に、大地は殺人を予告される“小径の館”の美しき当主を演じ、見るものを華麗なる謎解きの世界に誘う。

◆『パディントン発4時50分~寝台特急殺人事件~』

©テレビ朝日

天海祐希主演の『パディントン発4時50分~寝台特急殺人事件~』は、並走する列車の車窓から殺人現場を目撃する…というドラマチックな幕開が印象的な傑作ミステリー。

アガサ・クリスティが生んだ人気キャラクター“ミス・マープル”を、「元敏腕刑事にして危機管理のプロ」である天乃瞳子(あまの・とうこ)へと大胆アレンジ。

©テレビ朝日

天海はその“和製ミス・マープル”を演じ、義母・雀(草笛光子)、スーパー家政婦・中村彩(前田敦子)の力を借りながら、“消えた死体”の謎に迫っていく。

◆『大女優殺人事件~鏡は横にひび割れて~』

『大女優殺人事件~鏡は横にひび割れて~』は、ハリウッドでも1980年に『クリスタル殺人事件』として映画化された名作ミステリーだ。

©テレビ朝日

物語の幕開けは、映画界の大物女優が開いた豪華絢爛なパーティーで起きたひとつの殺人事件。犯人の標的はその女優だったのではないかと見られるなか、第2、第3の殺人が起きる。

©テレビ朝日

この謎多き連続殺人に、沢村一樹演じる警視庁捜査一課警部・相国寺竜也が挑む。

◆『予告殺人』

©テレビ朝日

『予告殺人』は、クリスティー・ファンクラブ選出の“人気作品ベストテン(1982)”で『そして誰もいなくなった』『アクロイド殺し』『オリエント急行殺人事件』についで第4位を獲得、“マープルシリーズ”のなかではトップに輝いている、非常に評価の高い作品だ。

©テレビ朝日

ある朝、新聞の広告欄に唐突に掲載された「殺人のお知らせ」。はたして、世にも恐ろしい殺人の予告は本物なのか…? 壮大な謎とともに幕を開ける本作は、その予告通りの日時と場所で殺人が起きるという衝撃の展開へと発展していく。

※配信情報:

パディントン発4時50分~寝台特急殺人事件~

大女優殺人事件~鏡は横にひび割れて~

予告殺人

「TELASA(テラサ)」で配信中!

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事