テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

霜降り明星・粗品の“賢い”イメージ崩壊!四千頭身・後藤「引いちゃったな…」

世間的に“賢い”イメージが強い霜降り明星の粗品。しかし、相方のせいやによれば、実はクイズ番組でカピバラをインパラと言い間違えるなど、局地的に知識が抜けているという。

3月5日(木)に放送された霜降り明星の冠レギュラー番組『霜降りバラエティ』では、そんな粗品の抜けっぷりを検証すべく、「クイズ$粗品ネア」と題したクイズ企画を実施。

あの有名司会者にそっくりな「せいもんた」が司会進行し、粗品を「天才」と絶賛する霜降り明星の後輩・四千頭身がゲストとして登場した。

©テレビ朝日

序盤に出題されたクイズは、写真に写った人やものを当てるというもの。

粗品は大好きなパチンコの問題では正解を連発するが、動物や食べ物の問題では意外な弱さを露呈。都築が「サービス問題でしょ!」と言うような問題でも自信満々に不正解を連発し、スタジオの失笑を買う。

憧れの先輩のまさかの姿に、「やめてください、粗品さん…」と戸惑いながら、笑いを隠せない後藤。

©テレビ朝日

ところが、せいもんたは「これを待ってたんです」となぜかうれしそうだ。普段賢いキャラで通っている粗品が苦手な問題に四苦八苦する姿を見たかったようで、「かわいいでしょ?」と四千頭身に同意を求める。

◆『プリティ・ウーマン』に「それなんですか?」

粗品の抜けっぷりがもっとも炸裂したのが、俳優のリチャード・ギアの写真から名前を当てる問題でのひとコマだ

せいもんたは映画『プリティ・ウーマン』のメインテーマを口ずさんでヒントを出すが、当の粗品は「それなんですか?」と全く知らない様子。そしてあろうことかリンゴ・スターと回答し、スタジオを爆笑の渦に包んだ

©テレビ朝日

粗品はその後も珍回答を連発。しまいには、スタッフにもバカにされ、スタジオに“嘲笑”が巻き起こると「嘲笑すな!爆笑か滑らさせろ」と食って掛かっていた。

粗品の意外な天然ぶりがあらわになった今回の企画。番組終盤に感想を聞かれた後藤は、「引いちゃったな…」と正直にコメントし、スタジオは笑いに包まれた。

『霜降りバラエティ』35日の放送は、テレ朝キャッチアップにて期間限定(202031301:31まで)で無料配信中

番組情報:『霜降りバラエティ
毎週木曜 深夜1:56~、テレビ朝日系(※一部地域をのぞく)
次回は、「M-1新旧王者対談」後編

『霜降りバラエティ』公式ツイッター(@shimovara)では、オリジナル動画も配信中!

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事