テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

弘中綾香アナ、オードリー若林の“ひと言”に不満爆発「こっち一生懸命やってんのに!」

“激レア”な体験を実際にした「激レアさん」をスタジオに集め、その体験談を紐解いていく番組『激レアさんを連れてきた。』が、2月15日(土)に放送される。

©テレビ朝日

最初に「本当は嫌々中に入っていた初代ウルトラマンのスーツアクターで、ウルトラマンの動作から必殺技までその場のアドリブで作り出した人」こと古谷敏さんを紹介。

フルヤさんは、なぜ嫌々中に入っていたのか? そして、動作や必殺技をどう生み出していったのか――?

そして、ウルトラマンをやっていた当時は全く顔を出していないにも関わらず、いまでは世界中で人気になった理由も明かされていく。

◆初代ウルトラマン自ら「スペシウム光線ポーズ」を考案!

©テレビ朝日

映画が好きで、東宝ニューフェイスとして役者デビューしたフルヤさん。夢は恋愛映画の主演、好きな俳優は『エデンの東』『理由なき反抗』のジェームズ・ディーン。

しかし、高身長でモデル体型ゆえに、主役より目立ってしまう…と、役者としてはなかなか声が掛からなかった。

ある日、運命を変える出来事が…。プロデューサーから「ピッタリの役!」と、円谷プロの初テレビシリーズ『ウルトラQ』に登場する宇宙人・ケムール人の役をオファーされたのだ

この役で高い評価を得たが、“着ぐるみ”を着て演技をするのは大変だったため「もう着たくない…」と考えていたフルヤさん。だが、ウルトラマンや怪獣などのデザインを手がけた成田亨(なりたとおる)さんに呼び出され…断れず、ウルトラマン役を演じるハメに!

©テレビ朝日

いざ撮影を開始するも、日本では怪獣と闘うヒーローに前例がなく「動き」に関してノープランな状態…。フルヤさんが自分で、「動き」を考えることに。

そこである有名俳優やあの伝説のプロレスラーの動作を真似しながら、ウルトラマンの「代表的な立ち姿ポーズ」そして「スペシウム光線のポーズ」を作り上げていったと、その誕生秘話を語っていく

さらに、スタジオの全員が、フルヤさんからスペシウム光線のレクチャーを受ける場面も。そこで「これが俺の“特許”なんだ」とフルヤさんが語ったポーズのコツも伝授される。

また、栄光の影にあった「ウルトラマンの正直しんどい伝説」も披露そして辛さのあまり降板を決意した矢先、ある出来事が…。ゲストの白石麻衣も「素敵…」と感動したそのエピソードも明らかになる。

©テレビ朝日

そして2人目の激レアさんとして、「岐阜の山奥に伝わる伝説の行事“24時間ソフトボール”において1人で24時間、審判をすることに挑んだ男」ことホソエさんも登場。

真剣にホソエさんを紹介していた弘中綾香アナウンサーだが、途中でオードリー若林正恭が発した言葉に「こっち一生懸命やってんのに」と不満爆発! 睨みつけられた若林が「怖い目するなぁ…(笑)」と怯える場面も。

※番組情報:『激レアさんを連れてきた。
2020年2月15日(土)午後10:10~午後11:10、テレビ朝日系24局(※一部地域を除く)

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事